TOP

趣味は「読書」

文学界 2021年 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

文學界

毎月7日
(株)文藝春秋



文学賞関連

文學界トップページ
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:文学界 2021年 5月号
創作
 280枚
Phantom 
未来を案じて株取引に打ち込む華美を、「使わないお金は死んでいる」と恋人は笑う。幻影に覆われた現代を描きつくす傑作誕生!
羽田圭介 P9
第126回文學界新人賞発表
 
第126回文學界新人賞発表 
受賞2作全文掲載
  P178
 
穀雨のころ 
精緻な描写力で高校生男女4人の過ごす一季節を浮かび上がらせる青春群像劇
青野暦 P101
 
悪い音楽 
音楽教師ソナタは、生徒を猿だと思っている。才能に溢れるが、心が無いのだ――
九段理江 P133
 
【選評】 
長嶋有・川上未映子・中村文則・円城塔・東浩紀
  P180
【新連載】
 
めしとまち 
別に美味しそうでもない“めし”と子の成長とともに移り変わる“まち”。神戸から贈る、とぼとぼエッセイ
平民金子 P98
【批評】
 
霊的世俗性――フーコー『肉の告白』論 
千葉雅也 P286
【特集】 詩とわたしたちの時代
 対談
谷川俊太郎×高橋睦郎 
雪のように溶ける詩を目指して
谷川俊太郎 高橋睦郎P196
 
なぜ生きる 
谷川俊太郎 P214
 
新コロナ年二年目の自画像 
高橋睦郎 P216
 対談
最果タヒ×マーサ・ナカムラ 
異界の創造、ことばの矢印
最果タヒ マーサ・ナカムラP228
 
ひとで無し 
最果タヒ P242
 
魚子と墨鼠 
マーサ・ナカムラ P244
 批評
永遠の童心――谷川俊太郎の児童詩を中心に 
田原 P218
 批評
逗子のオルペウス 
ジェフリー・アングルス P223
 批評
偶然と脱線のリリック――いま、ラップを読み直すこと 
吉田雅史 P250
 米大統領就任式詩全文
わたしたちの登る丘 
対訳と訳者解説=鴻巣友季子
アマンダ・ゴーマン P283
リレーエッセイ
 
私の身体を生きる 
第3回
藤野可織 P326
巻頭表現
 
さまがわり 
小島日和 P1
エセー
 
「息子よ安心しなさい、あなたの親指は天国で花となり咲いている」 
青木耕平 P192
Author's Eyes
 
川柳は人の話を聞かない 
暮田真名 P293
連載
 
椎名林檎論――乱調の音楽 
第 3回
北村匡平 P304
 
未来の超克 
第 3回
成田悠輔 P334
 
音楽が鳴りやんだら 
第 4回
高橋弘希 P354
 
近現代音楽史概論B 
第四講
高橋弘希 P364
 
隠(かく)し女(め)小春 
第 8回
辻原登 P370
 
激煌短命(げきこうたんめい) 
第 8回
綿矢りさ P380
 
風景論 
第18回
落合陽一 P295
 
原郷の森 
第21回
横尾忠則 P340
 
潮音 
第65回
宮本輝 P390
コラム
 
ぐるぐるマップ 
第15回
津村記久子 P188
 
遊歩遊心 
第20回
松浦寿輝 P424
 
むらむら読書 
第40回
犬山紙子 P285
 
きれぎれのハミング 
第40回
柴田聡子 P191
 
時事殺し 
第63回
武田砂鉄 P367
 
新人小説月評 
池田雄一 P400
 
新人小説月評 
鳥澤光 P402
文學界図書室
 
筒井康隆『ジャックポット』 
佐々木敦 P404
 
山田詠美『血も涙もある』 
平松洋子 P404
 
椎名誠『階層樹海』 
木谷美咲 P404
 
岸政彦『リリアン』 
村井康司 P404
 
松浦寿輝『わたしが行ったさびしい町』 
大崎清夏 P404
 
文學界新人賞応募規定 
  P194
 
執筆者紹介 
  P422

ひとことコメント

コメント: