TOP

趣味は「読書」

小説現代 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2020年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 12月号
グラビア&インタビュー
 ただいま大ヒット中! 映画『罪の声』公開記念
小栗 旬×星野 源 事件発生から35年、令和の時代に演じる意味。 
塩田武士のベストセラー小説が映画化。初共演の二人が、役者として初めて向き合い感じたもの、生まれたもの。
  P6
特別書き下ろし
 エンタメ小説界を疾走する新シリーズ『悪魔を殺した男』(単行本)、『悪魔と呼ばれた男』(文庫)連続刊行!
魔女 
悪魔的私刑を犯し、精神科病棟に入院させられた元警察官・阿久津。心理捜査官・天海は、幽閉された彼を訪ねる。「悪魔」シリーズ、スピンオフ短編!
神永学 P12
特別掲載
 祝!キングオブコント優勝記念インタビュー&エッセイ
笑いの天才が極甘酸っぱ恋愛小説を書いたら!? 
ジャルジャル福徳秀介 P26
読み切り
 特集 女性作家競演
花うた 
兄を殺した男に、思いをぶつけずにはいられなかった――。罪と罰の往復書簡がはじまった。
一穂ミチ P32
 特集 女性作家競演
約束の朝 
子供たちばかりが集められた島。クルスとカイは、ある日「外の世界」の存在に気付く。
乾ルカ P56
 特集 女性作家競演
上映が始まる 
勉強から逃げ出し、天体観測に出かけた僕に訪れたのは、目の前でたしかに輝くささやかな出会い。
鯨井あめ P90
 特集 女性作家競演
帰還のビート 
神楽の舞手である父が倒れた。三年ぶりに帰省した楽(がく)の心と体に、忘れていたビートがよみがえる!
阿部暁子 P116
特別対談
 
黒川博行X赤松利市  日本にカジノ? 俺たちは賛成やで 
新作『風致の島』を上梓した気鋭の作家が、敬愛する大先輩と対峙。共通点は、カジノ、麻雀、そして大阪!
黒川博行 赤松利市P140
特別インタビュー 
 最新作『始まりの木』刊行記念
夏川草介 いま、美しい景色を書き続けるために 
『神様のカルテ』シリーズ著者にして現役の医師。コロナ禍で見つめなおし、問いなおしたい思いを、この一冊に込めた。
  P164
 最新作『二人がいた食卓』刊行記念
遠藤彩見 「食」と「料理」と「人間関係」と。 
生きるツールだからドラマが生まれる。すれ違う夫婦を描いた新作に込めた思い。
  P356
 
書評 
清田隆之 P362
長編一挙掲載
 
タイトル「XXX」 
親友が殺された。その手口は、NYを騒がすシリアル・キラーそのものだった。翻訳ミステリへの愛に満ちた、謎の覆面作家からの挑戦状!
謎の作家「X」 P192
 
「XXX」書評 
池上冬樹 宇田川拓也P342
特別企画
 
新ライブエンターテインメント「STORY LIVE」へご招待! 
小説を「観て」「聴いて」楽しむ。豪華声優と人気作家が奇跡のコラボレーション! 新たな可能性を徹底解剖する。
  P174
 
MASTERMIND 
目覚めた俺は、なぜか幼馴染と一緒に拉致監禁されていて……。「STORY LIVE」朗読原作を特別公開。
行成薫 P176
 
著者&ヒロイン「GO TO KYOTO」夢デート 
幕末グルメ小説『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』を刊行した著者。現代にタイムスリップした主人公をご京都喰処にご案内!
柏井壽 P348
シリーズ
 
梟の眼 
今川の大軍が織田家に攻め寄せる! 信長の間近で歴史を記す牛一のもとへ、驚愕の報せが届く。
赤神諒 P372
エッセイ
 
人はなぜエッセイを書くのか~日本エッセイ小史~ 
酒井順子 P150
 
これこそが後藤 
(四千頭身)後藤拓実 P156
 
飽きっぽいから、愛っぽい 
岸田奈美 P158
 
小説から聴こえる音楽 
藤谷治 P418
 
きれいな言葉より素直な叫び 
新井見枝香 P422
コラム
 
〆切めし 
町田そのこ P347
 
もう忘れてませんか? 
武田砂鉄 P190
漫画
 
ランチの時間 
益田ミリ P186
 
ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へーNOWー 
ジェントルメン中村 P425
 
書評現代 
ミステリー
若林踏 P364
 
書評現代 
青春・恋愛小説
吉田大助 P365
 
書評現代 
時代小説
柳亭小痴楽 P366
 
書評現代 
エッセイ・ノンフィクション
内藤麻里子 P367
 
読書中毒日記 
東山彰良 P368
 
今月の平台 
  P370
 
第15回小説現代長編新人賞 3次選考通過作品&2次選考通過作品講評 
  P436
 
第16回小説現代長編新人賞募集 
  P439
 
第67回江戸川乱歩賞募集 
  P55
 
執筆者紹介 
  P440

ひとことコメント

コメント: