TOP

趣味は「読書」

小説現代 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説現代

毎月22日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代

文学賞関連

小説現代トップページ
  • 2020年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説現代 9月号
特集 真夏の夜の悪夢 「超怖い物件」
 
真夏の夜の悪夢 「超怖い物件」――そこに住んではイケない。 
「こんな話は、頭で考えても作れない」執筆者の一人はこう語る――。土地に張り付いた怨念は消えない。実話怪談の怖さを味わえる最恐の十編。
  P12
 
倒福 
大島てる P14
 
旧居の記憶 
福澤徹三 P21
 
あつまれ 怪談の日記 
糸柳寿昭 P33
 
氷室 
宇佐美まこと P47
 
たかむらの家 
花房観音 P60
 
妹の部屋 
神永学 P71
 
笛を吹く家 
澤村伊智 P82
 
牢家 
黒木あるじ P97
 
トガハラミ 
郷内心瞳 P110
 
ろろるいの家 
平山夢明 P132
特別企画①
 『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』ドラマ化記念 グラビア&インタビュー
山田涼介 X 田中 圭 キワドい2人の最強バディ 
横関大の警察小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』が連続ドラマ化!最強のバディを演じる山田涼介さんと田中圭 さんに話を聞いた。
山田涼介 田中圭P7
 
帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木  不穏 
真面目な神崎、破天荒な黒木。名物コンビは今日も池袋を走る!ドラマ原作「K2」シリーズ最新作より一話先行掲載。
横関大 P298
現代ビジネス×小説現代 戦後75年共同企画
 「戦争を書くこと、語ること」
特別鼎談 真藤順丈×深緑野分×小川 哲  沖縄×ベルリン×カンボジア 想像力は境界を超える 
今、戦争を小説で描くとはどういうことか? 戦争を経験していない世代が語る、覚悟と手法、そして反響。
真藤順丈深緑野分 小川哲P170
 「戦争を書くこと、語ること」
ノンフィクション対談 石戸 諭×辻田真佐憲  新しい「国民の物語」を作るために  
右と左で深刻な分断が起こっている現代日本。戦争を語る上で、いま求められていることとは?
石戸諭 辻田真佐憲P186
『宝島』外伝シリーズ
 
五つ目の石 
米軍の現金輸送車から二百万円が奪われた強盗傷害事件。三十年の月日が経ったとき、事件現場に再び置かれた五つの石。その理由とは。
真藤順丈 P192
特別企画②
 
小説家デビュー 特別インタビュー  大塚 愛 
どんなに暗くとも、どんなに重くとも、小説なら受け止めてもらえる
大塚愛 P150
 
開けちゃいけないんだよ 
祖母の家で少女の身に降りかかる奇妙な出来事の数々。地下室のアルミシートに覆われたそれは・・・・・。
大塚愛 P156
新連載エッセイ
 
人はなぜエッセイを書くのか~日本エッセイ小史~ 
それをみれば時代がわかる。文章界の雑草魂・エッセイの謎とふしぎを探る新連載!
酒井順子 P212
 
飽きっぽいから、愛っぽい 
確かな愛がそこにはあった。Noteで話題沸騰の作家が思い出のスポットの数々をたどる。
岸田奈美 P218
新シリーズ
 
梟の眼 
立身出世の道を捨て、なぜ『信長公記』を著すことになったのか。戦国時代の「従軍記者」、太田牛一の眼が戦場で見たものとは?
赤神諒 P322
読み切り
 
熱く甘く満たすもの 
全身が熱い。自分ではない誰かになることの快感を、あの場所は教えてくれた。
三浦しをん P224
特別企画③
 リーズ完結+文庫化記念!
前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー「Cocoon」を徹底解説! 
昼は花魁、よるは鬼斬りーー大人気和風ファンタジーシリーズの全貌をすべて、魅せます!
  P246
 前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー「Cocoon」を徹底解説!
声優 坂本真綾さんが「Cocoon」の瑠璃に! スペシャルPV収録現場に行ってきました! 
  P248
 前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー「Cocoon」を徹底解説!
読んだ人も読んだことのない人も必見! 各巻内容紹介・キャラクター紹介 
*ネタバレあり!
  P250
 前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー「Cocoon」を徹底解説!
Cocoon外伝 お恋狸のぽんぽこ珍道中 
瑠璃を差しおき妖(あやかし)が大活躍!? 吉原を飛び出した付喪神のお恋はどこへ向かう。
  P258
 前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー「Cocoon」を徹底解説!
著者・夏原エヰジ、「生と死」を感じる古都へ 
シリーズ完結も創作意欲は止まらない。次作のヒントは京都にあった!
  P286
エッセイ
 
これこそが後藤 
(四千頭身)後藤拓実 P296
 
小説から聴こえる音楽 
藤谷治 P386
 
きれいな言葉より素直な叫び 
新井見枝香 P390
コラム
 
〆切めし 
倉井眉介 P223
 
もう忘れてませんか? 
武田砂鉄 P320
漫画
 
ランチの時間 
益田ミリ P292
 
ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へーNOWー 
ジェントルメン中村 P393
 
書評現代 
ミステリー
青戸しの P378
 
書評現代 
青春・恋愛小説
三宅香帆 P379
 
書評現代 
時代小説
田口幹人 P380
 
書評現代 
エッセイ・ノンフィクション
高橋ユキ P381
 
読書中毒日記 
出口治明 P382
 
今月の平台 
  P384
 
第67回江戸川乱歩賞募集 
  P409
 
執筆者紹介 
  P406

ひとことコメント

コメント: