TOP

趣味は「読書」

小説新潮 2018年11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2018年 11 月号 [雑誌]
発売日:2018-10-22
価格:
amazonで詳細を見る
特集 エロスは進化する!
 
特集 エロスは進化する! 
誰に魅入られても、何に溺れても構わない。エロスは自由だ。そして、ここまで進化した――
   
 小説
ボッちゃん 
童貞のおれは松山のストリップ劇場である踊り子に出会い
花房観音 P8
 小説
妻と働く 
俺に弄ばれつつ、他の男のことを――? でも、構わない
足立紳 P30
 小説
私のことならほっといて 
男の視線は軽やかに私に届いた。でもこれは夢に違いない
田中兆子 P56
 小説
花園 
死を求めていた只中で出会った若い男。園枝の心は揺れる
森美樹 P74
 小説
よくある話をやめよう 
彼氏に浮気された花乃子は、マッチングアプリを始めたが
小林早代子 P108
 小説
続きはオフラインで 
ゲームのキャラに扮したネット恋愛。その先に見えるのは
笹井都和古 P130
 小説
七色 
期間限定で田舎に移住。家主は酒蔵を再開させた年上の男
夏樹玲奈 P154
 特別エッセイ
「廓めし」の愉しみ 
色気の次は食い気――花街にはきっと、美味い物がある。脂粉の巷に往時の面影を求めて、さあ、ふらり出かけよう
関根虎洸 P98
注目作品連載第二回
 
Ghost Story 
著者初の革新的「幽霊屋敷もの」、戦慄の第二ステージへ
宮部みゆき P174
 
今昔百鬼拾遺 天狗 
山中で壙(あな)に陥ちた美由紀と美弥子。美弥子は罠だと云うが
京極夏彦 P194
 
八本目の槍 
敵に向かうのが恐く、腰抜けと謗られる助右衛門に佐吉は
今村翔吾 P238
特選読み切り短編
 
戀童(れんどう)夢幻 乱の章 後編 
光秀は謹慎を言い渡され失脚。饗応役に命じられた森乱は
木下昌輝 P220
バラエティコラム
 
〈あのとき聞いた音楽〉 
金原みわ P153
 
〈もういちど会いたい〉 
串田和美 P429
 
〈マイルーティーン〉 
ツレヅレハナコ P219
三大エッセイ新連載
 
オニソロジスト嘘つかない 
鳥類学者の日常はこんなにも面白く、こんなにも大変だ!
川上和人 P214
 
処女の道程 
日本女性のセックスを、過去から未来までまったり探究
酒井順子 P266
 
コラムニストになりたかった 
あるフリーターが名コラムニストになるまでのクロニクル
中野翠 P314
小説新潮作家名鑑
 
花房観音 
官能小説家とバスガイド、二つの視点からの新・京都案内
  P263
 
本の森――新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈歴史・時代〉
田口幹人 P335
 
本の森――新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈恋愛・青春〉
高頭佐和子 P265
 
本の森――新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈SF・ファンタジー〉
石井千湖 P381
連載エッセイ・インタビュー
 
僕の人生には事件が起きない 
岩井勇気 P336
 
へそのお 最終回 
Oka-Chang P382
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 最終回 
佐藤優 P510
 
孤独な脳、馬鹿になれない私 
中野信子 P474
 
テレビの荒野を歩いた人たち 
中村メイコの巻 前編
ペリー荻野 P430
好評連載小説
 
いもうと 
赤川次郎 P502
 
迷宮の月 
安部龍太郎 P446
 
清く貧しく美しく 
石田衣良 P494
 
特命金融捜査官 清算 
江上剛 P404
 
霧の向こう 
奥田英朗 P356
 
我は景祐 
熊谷達也 P340
 
熔果 
黒川博行 P436
 
清明 隠蔽捜査8 
今野敏 P272
 
ひとりでパンを買いに行く日々に 
白石一文 P390
 
富山地方鉄道殺人事件 
西村京太郎 P480
 
鉄の楽園 
楡周平 P366
 
邯鄲の島遥かなり 
貫井徳郎 P286
 
世界の果ては二つ 
最終回
初野晴 P462
 
サバイバーズ・ギルト 
藤野恵美 P302
 
刑事弁護人 
薬丸岳 P420
 
自転しながら公転する 
山本文緒 P326
 
「日本ファンタジーノベル大賞2018」最終候補作発表 
  P313
 
第六回「新潮ミステリー大賞」募集要項 
  P301
 
次号予告/表紙画家のつぶやき 
  P520

ひとことコメント

コメント: