TOP

趣味は「読書」

ミステリマガジン 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

ミステリマガジン
ミステリマガジン

毎月25日
(株)早川書房



amazonで購入
ミステリマガジントップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:ミステリマガジン 2014年 02月号 [雑誌]
発売日:2013-12-25
価格:¥ 920
amazonで詳細を見る
作家特集ジョン・ル・カレ
 短篇
誰よりも狙われた男(一部抜粋) 
一人の若者の密入国により苛烈な諜報戦が幕を開ける。最新刊を一部掲載。
ジョン・ル・カレ 
加賀山卓朗 
P8
 短篇
ジョージ・スマイリーの帰宅 
初老の英国秘密諜報部員スマイリーの活躍を描いたドラマ脚本登場!
ジョン・ル・カレ 
村上博基 
P50
 短篇
ものいわぬ王 
幼くして王位についた無口な少年王を描いた戦争と平和の寓話。
ジョン・ル・カレ 
村上博基 
P55
 資料と研究
エッセイ 
加賀山卓朗 P30
 資料と研究
エッセイ 
月村了衛 P36
 資料と研究
エッセイ 
黒原敏行 P61
 
『誰よりも狙われた男』レビュー 
古山裕樹 
宇田川拓也 
P32
 
ル・カレ、畏れるなかれ 
吉野仁 P38
 
邦訳作品解題 
  P44
 
ジョン・ル・カレに関するマニアック読本 
小山正 
松坂健 
P58
 
スパイ小説ガイド 
  P62
皆川博子小特集
 『アルモニカ・ディアボリカ』刊行記念
本格ミステリ大賞受賞作『開かせていただき光栄です』の続篇ついに刊行! 
  P4
 
『アルモニカ・ディアボリカ』刊行に寄せて 
皆川博子 P64
 短篇
トマト・ゲーム (再録) 
キャンプ・ボーイの間で流行ったライダーレースの衝撃の顛末。
皆川博子 P66
ニコロ・アンマニーティ小特集
 
ニコロ・アンマニーティ来日記念インタヴュー 
インタヴュアー荒瀬ゆみこ P106
 短篇
シバの娘 
インド旅行に訪れた女性が路地裏で見つけたものは――。処女短篇。
ニコロ・アンマニーティ 
荒瀬ゆみこ 
P110
ミステリの話題
 
映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」公開決定 
  P5
傑作ミステリ
 
善意 
雨の降る日に探偵アルバート・サムスンのもとを訪れたのは満身創痍の男だった。
マイクル・Z・リューイン 
武藤陽生 
P132
新連載
 
ペイパーバック千夜一夜 
第1夜~第3夜
小鷹信光 P100
連載
 日本人作家インタヴュー
迷宮解体新書  
第72回 倉知淳
インタヴュー&文村上貴史 P116
連載小説
 長篇連載/第11回 私立探偵 浜崎順一郎シリーズ
喝采 
女優殺しと現金輸送車強奪事件を探る浜崎は関係者を訪ねる。
藤田宜永 P162
 長篇連載/第6回
壁と孔雀 
土壁が阻止した大臣狙撃事件と来津平町には思わぬ繋がりが?
小路幸也 P214
 長篇連載/第44回
青光の街(ブルーライト・タウン) 
連続殺人事件と過去のいくつもの事件が繫がり始める。
柴田よしき P246
連載
 
高殿円と蛇蔵の、みんな洋画観ようぜ 
第4回 グランド・イリュージョン
高殿円 
蛇蔵 
P122
 
勝手に文庫解説(翻訳篇) 
第2回 ハーバート・バークホルツ『心を覗くスパイたち』
北上次郎 P124
 
幻談の骨法 
第42回  「視点」と語り手の位置。
千野帽子 P128
 
ありがとうが言いたくて  
第20回
佐藤青南 P183
 
Dr.向井のアメリカ解剖室 
第62回  大金の価値、人の価値
向井万起男 P232
 
ミステリ・ヴォイスUK 
第74回   ポアロ閉幕
松下祥子 P234
HMM BOOK REVIEW (今月の書評)
 
HMM BOOK REVIEW (今月の書評) 
古山裕樹 
X小財満 
X若林踏 
X福井健太 
X小池啓介 
X風間賢二 
X大森望 
X松坂健 
X東えりか 
X新保博久 
X蔓葉信博 
X廣澤吉泰 
P193
CRIME FILE 〈ミステリ情報〉
 
クライム・コラム  
O・ペンズラー P236
 
洋書案内(英語篇) 
北野寿美枝 P236
 
洋書案内(世界篇) 
平岡敦 P236
 
映画情報 
三橋曉 P236
 
ドラマ情報 
千街晶之 P236
 
DVD情報 
小山正 P236
 
ゲーム・レビュー 
米光一成 P236
 
インフォメーション 
  P236
 
今月のポケミス・ガイド 
  P95
 
今月の重版情報 
  P221
 
ミステリ文庫通信 
  P229
 
ミステリ漫画 
梅田英俊 P157
 
NV文庫ニュース 
  P225
 
響きと怒り 
  P254
ひとことコメント
コメント: