TOP

趣味は「読書」

ミステリマガジン12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

ミステリマガジン
ミステリマガジン

毎月25日
(株)早川書房



amazonで購入
ミステリマガジントップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:ミステリマガジン 2011年 12月号 [雑誌]
発売日:2011-10-25
価格:¥ 920
amazonで詳細を見る
特集 ユーモア・ミステリ遊歩
 
ユーモア・ミステリ遊歩 
今年のミステリの注目キーワードは「ユーモア!」やったね。ついにユーモアの時代がやってきたよ。日本ではなかなか根づきにくいといわれてきたユーモア・ミステリだが、古くはウッドハウス、カミ、ライスやクレイグ・ライス、日本でも赤川次郎はじめ多くのユーモア・ミステリ作家が愛されてきた。だから東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』を機に、ユーモア・ミステリが再評価を受けたことは、歴史の必然とも言える。芦辺拓の『七人の探偵のための事件』はミステリ新喜劇だし、第1回アガサ・クリスティー賞受賞作『黒猫の遊歩あるいは美学講義』はぺダンティックでありながら軽妙洒脱な筆致が魅力だ。ユーモアが上手な作家は、シリアスも面白い。でもその逆は意外に難しい。もう感動・感涙はひとまず脇に置いて、知的遊戯たるミステリの真骨頂「ユーモア・ミステリ」の世界に遊ぼう!
   
 短篇競作
夢で逢いましょう 
夜毎妻殺しの夢をみる男は酔いどれ弁護士マローンを雇いたいというが……。
クレイグ・ライス 
宮澤洋司 
P24
 短篇競作
運命 
エッグ氏、ビーン氏、クランペット氏らが語るある男のすべらない話。
P・G・ウッドハウス 
森村たまき 
P34
 短篇競作
カミの三つのコント、再び 
「生まれ変わり」「ホラホラ男爵のエッチな冒険」「皇太后の香水師」三篇の爆笑譚。
カミ 
高野優 
P56
 短篇競作
七人の探偵には向かない事件 
完璧すぎる密室殺人の盲点とは?『七人の探偵のための事件』番外篇。
芦辺拓 P80
 インタヴュー
東川篤哉 
  P9
 資料と研究
頑張る日本のコージー読者はトイレで駄洒落に笑うのサ。  
大矢博子 P12
 資料と研究
俺、このエッセイが終わったら彼女に告白……しないよ! 
小財満 P16
 資料と研究
イケメンは料理がお好き―『猫探偵ジャック&クレオ』 
羽田詩津子 P20
 資料と研究
芦辺ミステリが放つ七つの怪光線 
小山正 P75
 資料と研究
ユーモア・ミステリ・ガイド 
  P71
小特集/アガサ・クリスティー賞
 
最期の一壜 
受賞第一作短篇。「黒猫」による愛と恋の考察の行方は?
森晶麿 P92
 
森晶麿メールインタヴュー 
  P86
 
受賞作『黒猫の遊歩あるいは美学講義』クロス・レヴュー 
吉田伸子 
杉江松恋 
P90
 特別企画
黒猫の遊歩あるいはクリスティー講義 
  P111
傑作ミステリ
 
誰からも愛された人(再録) 
作家を目指す少女は、村にたった一人で越してきた老人に興味を持つ。
A・A・ミルン 
羽田詩津子 
P116
 
クリスマスの教え 
クリスマスの夜、書店員の女性はぺーパーバックばかりを買う男に目をとめる。
トマス・H・クック 
府川由美恵 
P134
ミステリの話題
 
今秋お勧めのミステリ 
  P6
 
トム・ロブ・スミス来日インタヴュー 
  P150
漫画連載
 ”怪盗ミルク”第10話
シャッフル 
会社へ行き夕方帰る。単調な毎日に飽きた男の願いは・・・・。
高橋葉介 P169
長篇連載/第10回
 
さらば、俺たちの拳銃 
シナリオが進む中、三日月はジョーとケニーにこの映画街で起きた不思議な事件を語る。
片岡義男 P218
長篇連載/第23回
 
青光の街(ブルーライト・タウン) 
なぜユナが狙われるのか?ユナの二番目の夫との秘められた過去が明らかに。
柴田よしき P244
連載
 日本人作家インタヴュー
迷宮解体新書 第47回 
彩坂美月
インタヴュー&文村上貴史 P7
 
独楽日記  
第48回  お馬鹿な映画を撮るのは、実は難しい
佐藤亜紀 P154
 
幻談の骨法 
第16回  饒舌とクラインの壺。
千野帽子 P156
 
Dr.向井のアメリカ解剖室 
第36回  今年も爆走ドライブ
向井万起男 P160
 
ミステリ・ヴォイスUK 
第48回   ハロゲート・ミステリ祭り(2)
松下祥子 P162
 
そして俺もいなくなった  
第 6回  井上ひさし
岡野宏文 P164
クライム・ファイル
 〈ミステリ情報〉
クライム・コラム、洋書案内(英語篇)(世界篇)、フィルムレビュー、ムービーウォッチ、DVD情報、ゲーム・レビュー、インフォメーション 
O・ペンズラー、穂井田直美、井上知、河原畑寧,竜弓人、小山正,米光一成
  P234
HMMブック・レビュー
 
新刊評『ねじれた文字ねねじれた路』他 
三橋曉、杉江松恋、古山裕樹、福井健太、小池啓介、円堂都司昭、風間賢二、大森望、松坂健、東えりか、蔓葉信博、小財満、関口苑生,川出正樹、酒井貞道、池上冬樹、西上心太、石井千湖
  P193
 ミステリ文庫通信
  
  P41
 今月のポケミス・ガイド
  
  P45
 NV文庫ニュース
  
  P141
 今月の重版情報
  
  P225
 ミステリ漫画
  
梅田英俊 P229
 響きと怒り
  
  P254
ひとことコメント
コメント: