TOP

趣味は「読書」

ミステリマガジン 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

ミステリマガジン
ミステリマガジン

毎月25日
(株)早川書房



amazonで購入
ミステリマガジントップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:ミステリマガジン 2010年 12月号 [雑誌]
発売日:2010-10-25
価格:¥ 840
amazonで詳細を見る
《特集/警察小説ファイル13》
 短篇競作
自殺事案 
女優は本当に自殺したのか?ボッシュの捜査が冴える。
マイクル・コナリー 
古沢嘉通 
P26
 短篇競作
狭き門 
刑事昇格を目指す若き安積の胸に宿る思い。
今野敏 P44
 短篇競作
機龍警察 火宅 
余命幾ばくもない病床の元上司が、胸の内に秘めた闇とは・・・。
月村了衛 P52
 短篇競作
最後の一滴 
ビール醸造所のツアーで聞いた幽霊話に、リーバスは関心を持つ。
イアン・ランキン 
加賀山卓朗 
P62
 短篇競作
交差 
街中で起きた事件は思わぬ連鎖を重ねる。そのとき警官は・・・。
結城充考 P72
 短篇競作
引退した放火犯 
空き倉庫で発生した放火事件は、かってレオポルド警部が逮捕した犯人の手口と同じだった。
エドワード・D・ホック 
木村二郎 
P76
 エッセイ
エッセイ 
堂場瞬一、長岡弘樹、誉田哲也、月村了衛
  P46
 資料と研究
警察小説相関図 
  P16
 資料と研究
13人の刑事ファイル 
小財満、三門優祐、狭名紅治、塚本沙織、加藤航平
  P22
 資料と研究
今こそ必読の海外警察小説ベスト20 
逢坂剛 P41
ミステリの話題
 
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 完全版」放送決定 
  P10
 
サラ・パレツキー来日記念対談 
“沈黙の時代”に語る
サラ・パレツキー 
小宮悦子 
P12
長篇連載/第4回
 
DILATED TO MEET YOU ―開かせていただき光栄です― 
男爵令嬢に密かな恋心を抱く詩人ネイサンを思わぬ悲劇が襲う。
皆川博子 P112
長篇連載/第6回
 
あとは沈黙の犬 
ヤクザのトップだった義兄が父に殺されるまで、彼らの間に秘められた過去。
矢作俊彦 P130
長篇連載/第4回
 
ファイナル・オペラ 
秘曲『長柄橋』に狂わされた、明比家の面々の運命とは?
山田正紀 P156
漫画連載
 「顔のない女」/最終話
BAR・顔なし 
殺し屋たちはそのバーに引き寄せられ、そして誰もいなくなる・・・。
高橋葉介 P169
長篇連載/第3回
 
さらば、俺たちの拳銃 
俳優の卵ジョーとケニーに脚本家の三日月が加わり、さらなる躍進への出会いが。
片岡義男 P218
長篇連載/第11回
 
青光の街(ブルーライト・タウン) 
調査対象だった男の突然の事故死は果たして偶然なのか。
柴田よしき P244
連載
 日本人作家インタヴュー
迷宮解体新書 第36回 
貴志祐介
インタヴュー&文村上貴史 P4
 
私のアメリカ雑記帖 
第6回 シュグルーが生まれた町へ行ってきた
小鷹信光 P92
 
独楽日記  
第36回  「龍馬伝」を見ながら歴史って何よを考えてみる
佐藤亜紀 P100
 
幻談の骨法 
第4回  体験談の話者は、どこまで信頼できるか。
千野帽子 P102
 
Dr.向井のアメリカ解剖室 
第24回 私は映画俳優!?
向井万起男 P106
 
トーキョー・ミステリ・スクール 
第12回 サム・ペキンパーと『荒野のガンマン』『昼下がりの決闘』
石上三登志 P108
 
建築視線 
第6回  秘密の扉は何処まで秘密?
安井俊夫 P236
 
ミステリ・ヴォイスUK 
第36回  ハロゲート・ミステリ祭(2)
松下祥子 P238
 
幻島はるかなり〈翻訳ミステリ回顧録〉 
第12回  波風高し、恐怖への旅
紀田順一郎 P240
クライム・ファイル
 〈ミステリ情報〉
クライム・コラム、洋書案内(英語篇)(世界篇)、フィルムレビュー、ムービーウォッチ、DVD情報、ケ゜ーム・レビュー、インフォメーション 
O・ペンズラー、寶村信二、垂野創一郎、河原畑寧,竜弓人、小山正,三門優祐
  P226
HMMブック・レビュー
 
新刊評『湖は餓えて煙る』他 
三橋曉、杉江松恋、古山裕樹、福井健太、小池啓介、石井千湖、風間賢二、大森望、松坂健、東えりか、犬上茶夢、小財満、関口苑生、川出正樹、酒井貞道、池上冬樹、西上心太、円堂都司昭
  P193
 今月のポケミス・ガイド
  
  P67
 ミステリ文庫通信
  
  P69
 ミステリ洋書通販
  
  P81
 NV文庫ニュース
  
  P85
 今月の重版情報
  
  P87
 ミステリ漫画
  
梅田英俊 P125
 響きと怒り
  
  P254
ひとことコメント
コメント: