TOP

趣味は「読書」

ミステリマガジン 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

ミステリマガジン
ミステリマガジン

毎月25日
(株)早川書房



amazonで購入
ミステリマガジントップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:ミステリマガジン 2009年 06月号 [雑誌]
発売日:2009-04-25
価格:¥ 840
amazonで詳細を見る
 《特集/ウェストレイクを忘れない》
2008年最後の日、大晦日のディナーに行く途中で心臓発作を起こし亡くなったドナルド・E・ウェストレイク。享年75。 
多くの優れた作品を残し、短篇、長篇、映画脚本の三部門でアメリカ探偵作家クラブ賞に輝き、1993年には同賞巨匠賞も受賞した。アメリカを代表するミステリ作家だった。本号では、偉大なミステリ作家ウェストレイクに追悼の意を表し、その作品の魅力に改めて迫る。
   
 短篇競作
《特集/ウェストレイクを忘れない》〈短篇競作〉 
ドートマンダーのワークアウト
ドナルド・E・ウェストレイク 
木村二郎 
 
 短篇競作
《特集/ウェストレイクを忘れない》〈短篇競作〉 
右から読んでもスキークス
ドナルド・E・ウェストレイク 
木村二郎 
 
 短篇競作
《特集/ウェストレイクを忘れない》〈短篇競作〉 
パーティー族
ドナルド・E・ウェストレイク 
木村二郎 
 
 長編連載第Ⅰ回
悪党パーカー 
犬なら普通のこと
オマージュ 
矢作俊彦 司城志朗
 
 エッセイ
「ウェストレイク追悼作戦 The Late Westlake Score」 
木村二郎  
 エッセイ
「犯罪はキャンディではない。」 
浅暮三文  
 エッセイ
アメリカでは意外なこと 
矢作俊彦  
 資料と研究
ウェストレイクの小説仕事 
   
 資料と研究
殺しと笑いは終わらない 
ドナルド・E・ウェストレイクの映像世界
小山正  
 〈座談会連載第3回〉
翻訳ミステリ応援団! 
田口俊樹 
X北上次郎 
 
 〈ミステリの話題〉
映画「X‐ファイル:真実を求めて」(DVD発売) 
クリス・カーター監督インタヴュー
   
 長編連載
僕は長い昼と長い夜を過ごす 
第9回 床下から母親の白骨が出た事件は向かうかに見えたが・・・
小路幸也  
 長編連載
郭公の盤 
第8回 謎の和歌をめぐる,金四郎の捜査が導き出した,御橋良嘉人殺害の犯人とは?
牧野修 
X田中啓文 
 
 漫画連載
夜会 
夢幻紳士“回帰篇” 第10回 
高橋葉介  
 連載/日本人作家インタヴュー
迷宮解体新書 
第18回 「福田和代」
インタヴュー&文村上貴史  
 連載
私の本棚 
第18回 JOZZ3RC-FM,82.8ヘルツ
瀬川深  
 連載
沈黙の時代の作家 第4回  
第三章 天使ではない,怪物でもない,ただの人間
サラ・パレツキー 
山本やよい 
 
 連載
独楽日記 
第18回 更にしつこくブレゲンツの『トスカ』について
佐藤亜紀  
 連載
誰が少年探偵団を殺そうと. 
第10回 空疎な解説と恫喝的な批評
千野帽子  
 連載
Dr・向井のアメリカ解剖室 
第6回 ちょっと偏屈な私
向井万起男  
 連載
日本映画のミステリライターズ 
第34回
石上三登志  
 連載
ミステリ・ヴォイスUK 
第18回  デビット・スーシェ・インタヴュー
松下祥子  
 連載
お茶の間TV劇場 
第10回 サーフサイド6
千葉豹一郎  
 連載
ヴィンテージ作家の軌跡 
第74回 アンブラーの『ドクター・フリゴの決断』(Ⅲ)
直井明  
 連載
仁賀克雄のできるまで  
第2回  乱歩訪問と会の発足
仁賀克雄  
 連載
旅人本の虫レベ 
第18回 やっとピースも東京へ
レベッカ・スーター  
 連載
紙の砦の”木鐸”たちの系譜 
第10回
井家上隆幸  
 連載
夜の放浪者たち 
第54回 小栗虫太郎『悪霊』(後篇)
野崎六助  
 連載
殺人占い 
第18回 モテるがゆえの苦悩
柳原慧  
 クライム・ファイル  〈海外ミステリ情報〉
クライム・コラム、洋書案内(英語篇)(世界篇)、海外ベストセラー、DVD情報、フィルムレビュー、ムービーウォッチ、インフォメーション 
O・ペンズラー、高橋知子、中川潤一郎、小山正、河原畑寧,竜弓人
   
 HMMブック・レビュー
新刊評『最終弁護』他 
三橋暁、前島純子、杉江松恋、古山裕樹、西上心太、福井健太、小池啓介、風間賢二、大森望、松坂健、池上冬樹、関口苑生
   
 ミステリ文庫通信
  
   
 ミステリ漫画
  
梅田英俊  
 ミステリ洋書通販
  
   
 今月のポケミス・ガイド
  
   
 ミステリチャンネルから
  
   
 NV文庫ニュース
  
   
 今月の重版情報
  
   
 響きと怒り
  
   
ひとことコメント
コメント: