TOP

趣味は「読書」

こころ Vol.7 2012年  [ 文芸雑誌目次DB ]

こころ
こころ
20110618
隔月
平凡社



amazonで購入
タイトル:こころ 2012年 vol.7
発売日:2012-06-11
価格:¥ 840
amazonで詳細を見る
エッセイ
 
「ひとこと」 
澤地久枝 P4
 
「将軍さま」と「ミサイル」 
森達也 P6
 
オール・アメリカン・ガールの運命 
荒このみ P8
新連載
 
あること、ないこと  
第一回 ── ぐりいみん
吉田篤弘 P10
特集 「コミュニティ」が文化をつくる
 座談会
コミュニティの現在地を探る 
黒川創 
Xアサダワタル 
X南陀楼綾繁 
P18
 
なぜコミュニティなのか。どうしていま、文化なのか 
広井良典 P34
 コミュニティへの案内
文士村というコミュニティ 
大村彦次郎 P38
 コミュニティへの案内
災害と芸術運動 
異色のコミュニティ「バラック装飾社」
畑中章宏 P40
 
「ソーシャル・メディア」としてのリトルマガジン 
投書欄、編集後記、交換広告がつくる小宇宙
仲俣暁生 P42
 
なんのための仕事 
西村佳哲 P44
 
暮らしで繋がる、街と人 
小野朋浩 P46
連載
 
日露戦争史 
第7回
半藤一利 P48
 
猫のお化けは怖くない  
第2回 「墓地」
武田花 P82
 
『青鞜』の冒険 
第7回  保持研の帰郷
森まゆみ P86
 
カヴァフィス全詩 
第5回  訳と註釈の試み
池澤夏樹 P106
 
言葉が立ち上がる時 
第7回  素朴な言葉の奥行き
柳田邦男 P130
 
回想 わが昭和史 
第7回  第一部・最終回  自分の人生を貫く覚悟
保阪正康 P146
 
歴史屋のたわごと  
現在・過去・未来 第7回 露伴の『運命』とその彼方 その三
杉山正明 P162
連載小説
 
ともえ 
第7回
諸田玲子 P110
紀行エッセイ
 
辣(ラー)の道 
その二
加藤千洋 P140
コラム
 新連載
何かのためではない、特別なこと 
第一回  義務
平川克美 P47
 
記憶のなかの人 
第7回  老いたフォービストーー里見勝蔵
野見山暁治 P127
リレーエッセイ
 
こころに残る言葉 
福原義春 P180
 
「溜め」とセーフティネットのあいだ 
マーク・ボイル『ぼくはお金を使わずに生きることにした』
湯浅誠 P176
 執筆者紹介
  
  P182
 次号予告
  
  P184
ひとことコメント
コメント: