TOP

趣味は「読書」

黒川創

くろかわそう

性別
男性
星座
ふたご座
誕生日 >リスト
1961年6月15日
生誕地
日本 (京都府)
出身学校
同志社大学  卒業 
出身学部
文学部
インタビュー
(外部リンク)

雑誌掲載記事(最新10件)

   >>黒川創雑誌掲載記事を詳しく見る
 
2020年10月
記事名
[二〇〇枚] ウィーン近郊 この街に四半世紀住み続けてきた兄は、帰国の予定がありながら、なぜ自死の道を選んだのか。兄と報せを受けた妹の、人生の軌跡。
 
2020年5月
記事名
生者と死者のあわい――『暗い林を抜けて』をめぐって 創作は死者との合作だ。そうやって死者と自分は共に生きる。小説家と美術家の魂の対話。
新潮 2019年 12月号
2019年12月
記事名
夢みる権利 あと、どれだけ勤めが続けられるかわからない。だが身を引くべきときは、近づいている。
新潮 2019年  9月号
2019年9月
記事名
[一二〇枚] 暗い林を抜けて 愛という言葉を必要とするとき、たぶん私たちは、すでに、それを失いかけているのだ。
新潮 2019年  8月号
2019年8月
記事名
批評を書く、ということ
新潮 2019年  7月号
2019年7月
記事名
一二〇枚 覚えていること 渦中にあっては「世界戦争」という認識はない。戦闘は、各々の国国の利害の下にあった。
新潮 2019年  5月号
2019年5月
記事名
一〇〇枚 蜜の静かに流れる場所 大学の友人だった言語聴覚士の女と通信社記者の男。五十代になって交差する二人の人生。
新潮 2019年  3月号
2019年3月
記事名
鶴見俊輔とは何者だったのか? 断片から流れを作り様相を捉える。党派に縛られず柔軟に人を見る。思想界の巨人の実像。
新潮   7月号
雑誌名
2018年7月
記事名
最終回・一八〇枚 鶴見俊輔伝 「もうろく」のなかに、未見の領域がある。戦後を生き抜いた哲学者の老境を読み解く。
新潮   4月号
雑誌名
2018年4月
記事名
鶴見俊輔伝 第四回・二〇〇枚

受賞一覧

文学賞名 年度 回数 部門 受賞作品 文学賞かな 年度 受賞作品かな
伊藤整文学賞 2014年 25 回 (評論) 国境 いとうせいぶんがくしょう 2014年 こっきょう
読売文学賞(小説賞) 2008年 60 回   かもめの日 よみうりぶんがくしょう(しょうせつしょう) 2008年 かもめのひ

Yahooの検索結果

  • 知恵袋

ひとことコメント

コメント: