滝口悠生 雑誌掲載記事


・雑誌掲載記事
雑誌名 記事名
新潮 2021年7月 全然  第22回 20210701
新潮 2021年6月 全然  第21回 20210601
新潮 2021年5月 全然  第20回 20210501
新潮 2021年3月 全然  第19回 20210301
新潮 2021年2月 全然  第18回 20210201
新潮 2021年2月 石川直樹『地上に星座をつくる』  20210201
文學界 2021年2月 創作特集 ラーメンカレー  20210201
新潮 2021年1月 全然  第17回 20210101
新潮 2020年12月 全然  第16回 20201201
2020年12月 長い一日  最終回   何月何日 20201201
新潮 2020年11月 全然  第15回 20201101
2020年11月 長い一日  32   私たちについて 20201101
新潮 2020年10月 全然  第14回 20201001
すばる 2020年10月 磯﨑憲一郎『日本蒙昧前史』  20201001
2020年10月 長い一日  31   天麩羅殺人事件 20201001
新潮 2020年9月 全然  第13回 20200901
文學界 2020年9月 アッパとアンマのピリピリ・クッキング  20200901
2020年9月 長い一日  30   八朔さん、川に行く 20200901
新潮 2020年8月 全然  第12回 20200801
2020年8月 長い一日  29   煙になる 20200801
新潮 2020年7月 全然  第11回 20200701
2020年7月 長い一日  28   ジョナサンで(その二) 20200701
新潮 2020年6月 全然  第10回 20200601
文學界 2020年6月 火の通り方  20200601
2020年6月 長い一日  27   ジョナサンで 20200601
新潮 2020年5月 全然  第9回 20200501
2020年5月 長い一日  26   護国寺で 20200501
新潮 2020年4月 全然  第8回 20200401
文學界 2020年4月 八戸滞在日記  作家が滞在して書くとはどういうことか。「本のまち」八戸を訪れた4日間の記録 20200401
2020年4月 長い一日  25   今日は今日 20200401
群像 2020年3月 『古くてあたらしい仕事』島田潤一郎  20200301
新潮 2020年3月 全然  第7回 20200301
文學界 2020年3月 スリランカロンドン  20200301
2020年3月 長い一日  24   お別れの日(その三) 20200301
新潮 2020年2月 全然  第6回 20200201
2020年2月 長い一日  23   お別れの日(その二) 20200201
群像 2020年1月 24作家の饗宴。2019→2020、文学の精華。 隕石  20200101
新潮 2020年1月 全然  第5回 20200101
2020年1月 長い一日  22   お別れの日 20200101
2019年12月 長い一日  21   長い一日 20191201
新潮 2019年11月 全然  第 4回 20191101
文學界 2019年11月 黒米と大麻  20191101
2019年11月 長い一日  20   スーパーの夫(その二) 20191101
新潮 2019年10月 新連載第三回 全然  20191001
2019年10月 長い一日  19   スーパーの夫 20191001
新潮 2019年9月 新連載第二回 全然  第 2回 20190901
2019年9月 長い一日  18   立花茶話子さん 20190901
新潮 2019年8月 全然  東京から小笠原へ航海する男。自衛隊機で硫黄島に飛ぶ女。そして、戦前の硫黄島に暮らす者。時空を超えて進行する新代表作誕生! 20190801
文學界 2019年8月 絶対大丈夫  20190801
2019年8月 長い一日  17   台所の夫 20190801
2019年7月 長い一日  16   床屋で(その二) 20190701
2019年6月 長い一日  15   床屋で 20190601
すばる 2019年5月 佐々木敦『アートートロジー 「芸術」の同語反復 』  20190501
2019年5月 長い一日  14   伯備線に乗って 20190501
2019年4月 長い一日  13   ヘアーサロンで(その二) 20190401
2019年3月 長い一日  12   ヘアーサロンで 20190301
新潮 2019年2月 続続続アイオワ日記(完)  今年ここに集まった作家たちがまた集まることはたぶんもう二度とない。共同生活完結篇。 20190201
2019年2月 長い一日  11   伸縮性の実感 20190201
2019年1月 長い一日  10   瞬間の庭 20190101
新潮 2019年1月 続続アイオワ日記  20190101
すばる 2019年1月 ルポ ホーンテッドブックショップ  アイオワの古本屋 20190101
新潮 2018年12月 続アイオワ日記  ハリケーンの警報が鳴っても、危険の感度は作家の出身国に紛争があるかによって違う。 20181201
2018年12月 長い一日  9    決める前 20181201
新潮 2018年11月 アイオワ日記  世界の作家がアメリカ中西部の大学に集った三ヶ月の共同生活。短期集中・日記小説。 20181101
2018年11月 長い一日  8   窓目くんの愛 20181101
新潮 2018年10月 高橋弘希『送り火』  20181001
2018年10月 長い一日  7   窓目くんの涙 20181001
本の旅人 2018年10月 本のなかそと  20181001
2018年9月 長い一日  6   窓目くん、酔う 20180901
文學界 2018年8月 堀江敏幸『オールドレンズの神のもとで』  20180801
文藝 2018年8月 坂口恭平『家の中で迷子』  20180801
2018年8月 幸福な悲しみ  20180801
2018年8月 長い一日  5   お花見の日 20180801
2018年7月 長い一日  4   日の差す日 20180701
2018年6月 長い一日 3  しわ犬 20180601
新潮 2018年5月 奥泉 光『雪の階』  20180501
すばる 2018年5月 エッセイ  20180501
2018年5月 長い一日 2  二〇一七年八月一六日(その二) 20180501
群像 2018年4月 季・憶 Ki-Oku  虹始見(にじはじめてあらわる) 20180401
2018年4月 長い一日ーー二〇一七年八月一六日  (その一) 20180401
すばる 2018年3月 エッセイ 人生の内臓  20180301
ちくま 2018年1月 毅然たる飄然さ  20180101
文學界 2018年1月 すぐに港へ  20180101
群像 2017年12月 「語り手」の声に耳をすまして 滝口悠生×堀江敏幸  そこにないものについて語る。ないからこそ語りたくなる──。新刊『高架線』をてがかりに、小説が生まれる瞬間に二人の作家が迫る。 20171201
新潮 2017年12月 大友良英『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』  20171201
文學界 2017年11月 山下澄人『ほしのこ』  20171101
2017年10月 語り手の高さ  20171001
すばる 2017年8月 エミール・クストリッツァ『夫婦の中のよそもの』  20170801
新潮 2017年7月 町田 康『ホサナ』  20170701
新潮 2017年4月 綿矢りさ『私をくいとめて』  20170401
2017年4月 複数の時間にわたる声  20170401
群像 2017年3月 高架線  西武池袋線・東長崎。うらぶれたぼろアパート「かたばみ荘」に関わった人々が語る奇妙な出会いと別れの物語。 20170301
新潮 2017年3月 今日の記念  別れた妻、愛すべき同僚、一晩泊めた見知らぬ女。重層的に浮かび上がる十年間の男の生。 20170301
新潮 2017年1月 街々、女たち  女を泊めてから、別れた妻へ向う意識の宛先。 20170101
すばる 2017年1月 鼎談 彼らとの隔たり、記されなかった言葉  「十七歳小説」を読む 20170101
新潮 2016年11月 茄子の輝き  離婚も倒産も、思い出すたびに喜びがある。 20161101
文藝 2016年11月 保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』  20161101
群像 2016年10月 群像短篇名作選 かまち  (2013年4月号) 20161001
群像 2016年10月 「御堂の島」小山内恵美子  20161001
群像 2016年10月 「みずち」高尾長良  20161001
群像 2016年10月 「本物の読書家」乗代雄介  20161001
群像 2016年9月 「アジアの純真」横山悠太  20160901
群像 2016年9月 「スイミングスクール」高橋弘希  20160901
群像 2016年9月 「野良ビトたちの燃え上がる肖像」木村友祐  20160901
すばる 2016年9月 寄席体験記 語られる言葉はどこに  20160901
文學界 2016年9月 潜入ルポ 東大・早大・法大・近大の「白熱教室」  20160901
文學界 2016年9月 師弟対談 学びは「わからなさ」に宿る  20160901
群像 2016年8月 「マイソング」 MajiでKoiする5秒前  20160801
群像 2016年8月 「しんせかい」山下澄人  20160801
群像 2016年8月 「ミルキーウェイ」青山七恵  20160801
群像 2016年8月 「司令官の最期」田中慎弥  20160801
新潮 2016年7月 高田馬場の馬鹿  離婚と震災。それでもポジティブな俺の諦念 20160701
新潮 2016年7月 吉増剛造『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』  20160701
文藝 2016年5月 黄色  20160501
群像 2016年4月 対談 愛と人生と寅さんと  20160401
文藝春秋 2016年3月 インタビュー 高卒フリーターから文学の道へ  20160301
文學界 2016年3月 受賞第一作 夜曲  20160301
群像 2016年1月 記念対談 過去の持ち歩き方  20160101
新潮 2016年1月 文化  晴れの特異日の居酒屋に流れゆく「意識」の宴 20160101
2016年1月 文章の渦中にしかない興奮と悦び  20160101
文學界 2015年12月 210枚 死んでいない者  通夜に集まった親族が遭遇する見えない奇跡。生者と死者の声が交錯する問題作 20151201
群像 2015年9月 『あなたが消えた夜に』中村文則  20150901
新潮 2015年5月 (一四〇枚) ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス  ジミヘンのギターのように幾重にもフィードバックされる、苦い恋と東北バイク一人旅の時間。記憶の不可思議さに迫る飛翔作! 20150501
文藝 2015年5月 高橋源一郎『動物記』  20150501
新潮 2015年4月 磯﨑憲一郎『電車道』  20150401
すばる 2015年4月 隣の人生  20150401
群像 2014年11月 泥棒  20141101
新潮 2014年10月 青木淳悟『男一代之改革』  20141001
群像 2014年8月 愛と人生  子役だった青年が振り返る"あの"映画ーー。山田洋次監督も共感した独創的な「寅さん小説」 20140801
新潮 2014年7月 セス・フリード『大いなる不満』  20140701
新潮 2014年5月 西武池袋線の耳人間  20140501
群像 2013年10月 『これからお祈りにいきます』津村記久子  20131001
新潮 2013年10月 140枚 寝相  元・外れ者の老人と孫娘の奇妙な同居生活。小説の自由がファミリーロマンスを解放する 20131001
新潮 2013年9月 高橋源一郎『銀河鉄道の彼方に』  20130901
群像 2013年4月 かまち  20130401
文學界 2013年3月 Author’s Eyes   春高バレー観戦記  20130301
新潮 2012年12月 新潮新人賞受賞第一作 わたしの小春日和  謎の白線が家の内外を区切る。少年が路上を這う。切実なヒューモアに充ちた震災後の生。 20121201
群像 2012年3月 「男はつらいよ 寅次郎夢枕」の渥美清  20120301
新潮 2011年11月 【受賞作】 楽器  平凡な住宅街に鳴り響く未知の音楽。世界を一変させる「場所」の力! 20111101
・滝口悠生の小説で関連するインタビュー・書評・レビューの記事(参考)
雑誌名 記事名
新潮 2020年3月 滝口悠生『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』  20200301
文學界 2018年1月 滝口悠生『高架線』  20180101
群像 2017年12月 「語り手」の声に耳をすまして 滝口悠生×堀江敏幸  そこにないものについて語る。ないからこそ語りたくなる──。新刊『高架線』をてがかりに、小説が生まれる瞬間に二人の作家が迫る。 20171201
群像 2017年12月 「語り手」の声に耳をすまして 滝口悠生×堀江敏幸  そこにないものについて語る。ないからこそ語りたくなる──。新刊『高架線』をてがかりに、小説が生まれる瞬間に二人の作家が迫る。 20171201
新潮 2017年12月 滝口悠生『高架線』  20171201
すばる 2017年12月 滝口悠生『高架線』  20171201
群像 2017年11月 『高架線』滝口悠生  20171101
文藝 2017年11月 滝口悠生『茄子の輝き』  20171101
群像 2017年9月 『茄子の輝き』滝口悠生  20170901
すばる 2017年9月 滝口悠生『茄子の輝き』  20170901
文學界 2017年9月 滝口悠生『茄子の輝き』  20170901
新潮 2017年8月 滝口悠生『茄子の輝き』  20170801
2017年7月 紫の希望の灯  20170701
群像 2017年4月 「高架線」滝口悠生  20170401
群像 2017年4月 「高架線」滝口悠生  20170401
群像 2017年4月 「高架線」滝口悠生  20170401
新潮 2016年4月 滝口悠生『死んでいない者』  20160401
すばる 2016年3月 滝口悠生『死んでいない者』  20160301
小説トリッパー 2016年3月 季刊ブックレビュー 不在で、あるもの  滝口悠生 『死んでいない者』 20160301
群像 2016年1月 「死んでいない者」滝口悠生  20160101
群像 2016年1月 「死んでいない者」滝口悠生  20160101
群像 2016年1月 「死んでいない者」滝口悠生  20160101
新潮 2015年11月 滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』  20151101
すばる 2015年11月 滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』  20151101
文學界 2015年11月 滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』  20151101
文藝 2015年11月 滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』  20151101
2015年9月 歪み、軋み、熱を帯びる小説  20150901
群像 2015年6月 「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」滝口悠生  20150601
群像 2015年6月 「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」滝口悠生  20150601
群像 2015年6月 「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」滝口悠生  20150601
新潮 2015年4月 滝口悠生『愛と人生』  20150401
すばる 2015年4月 滝口悠生『愛と人生』  20150401
群像 2015年2月 『愛と人生』滝口悠生  20150201
群像 2014年12月 「泥棒」滝口悠生  20141201
群像 2014年12月 「泥棒」滝口悠生  20141201
群像 2014年12月 「泥棒」滝口悠生  20141201
群像 2014年9月 「愛と人生」滝口悠生  20140901
群像 2014年9月 「愛と人生」滝口悠生  20140901
群像 2014年9月 「愛と人生」滝口悠生  20140901
新潮 2014年6月 滝口悠生『寝相』  20140601
文學界 2014年6月 滝口悠生『寝相』  20140601
小説すばる 2014年6月 新刊レビュー  20140601
2014年4月 解放を読む幸福  20140401
群像 2013年11月 「寝相」滝口悠生  20131101
群像 2013年11月 「寝相」滝口悠生  20131101
群像 2013年11月 「寝相」滝口悠生  20131101
群像 2013年1月 「わたしの小春日和」滝口悠生  20130101
群像 2013年1月 「わたしの小春日和」滝口悠生  20130101
群像 2013年1月 「わたしの小春日和」滝口悠生  20130101