TOP

趣味は「読書」

伊兼源太郎

いがねげんたろう

外部リンク

雑誌掲載記事(最新10件)

   >>伊兼源太郎雑誌掲載記事を詳しく見る
 
2021年3月
記事名
祈りも涙も忘れていた 第4回 久世から特命班入りを告げられた甲斐は、署内の極秘帳場を訪れる。
 
2021年1月
記事名
祈りも涙も忘れていた 第3回 捜査難航の責任を追及された甲斐は、起死回生の一手に打って出る。
 
2020年11月
記事名
祈りも涙も忘れていた 第2回 放火事件捜査の陣頭指揮を執る甲斐に、V県警の洗礼が……。
 
2020年9月
記事名
祈りも涙も忘れていた 私は戻ってきた。己の過去が眠る地に――注目作家、本誌初登場!
小説現代 10月号
2018年10月
記事名
「いま」と「小説」。 同時期に勝負作を出した同世代の三人。「いま書くべき小説」について激論を交わす。
小説現代  9月号
2018年9月
記事名
獣の心 「身内」がやられた。本部係検事の熊谷は、事務官のたどった跡を追う。
小説現代  7月号
2018年7月
記事名
一歩 目の前で悲劇に見舞われた母娘。今なら、一歩踏み出すことができるだろうか。湊川地検シリーズ最新短編。
小説現代  7月号
2018年7月
記事名
直球勝負で挑んだ「現代の巨悪」 ロッキード、リクルートーー  「巨悪」がわかりやすかった昭和。平成が終わる今、見えない「巨悪」をあぶり出す大作が誕生した。
小説現代  3月号
2018年3月
記事名
正義と悪が曖昧な時代に 元新聞記者の横溝正史ミステリ大賞作家が、〈正義の最前線〉地方検察庁を舞台に、まったく新しい検察ミステリーを描く!
月刊ジェイ・ノベル  4月号
2017年4月
記事名
3月の新刊『密告はうたう』刊行に寄せて オマエ、最近ちゃんと聴いてんのか?

受賞一覧

文学賞名 年度 回数 部門 受賞作品 文学賞かな 年度 受賞作品かな
横溝正史ミステリ大賞 2013年 33 回 (大賞)   よこみぞせいしみせてりていしょう 2013年  

Yahooの検索結果

  • 知恵袋

ひとことコメント

コメント: