TOP

趣味は「読書」

群像 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

群像トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:群像 2017年 09 月号 [雑誌]
発売日:2017-08-07
価格:
amazonで詳細を見る
中篇160枚
 
雪子さんの足音 
厚意と好意の狭間で押しつぶされそうだったあのころ──。突然の訃報が、学生時代を過ごしたアパート「月光荘」の記憶を思い起こさせる。
木村紅美 P7
中篇120枚
 
その八重垣を 
男と女が声を掛け合う歌垣。列島の源流にも通じうるその秘められた謎を解くため、アジアを旅する研究者が辿りついた場所とは──。
三輪太郎 P59
短篇
 
瀞 
もう四十年以上会っていない、あの頃少女だったひとと。妻を亡くした男が辿る、魂の道行き。
佐藤洋二郎 P101
長篇評論
 
上演の想像力──戯曲に見る三島由紀夫の生と劇(ドラマ)(前篇) 
戯曲は、小説以上に三島の生の全体を映し出す。精神と肉体の連関、理知と感受性をつなぐ連関。それらをめぐる思想と想像力の諸相を検証する。
青木純一 P121
連作
 
ピエタとトランジ〈完全版〉 
〔7〕
藤野可織 P206
リレーエッセイ
 
「私と大江健三郎」 第三回 
ずっと大江健三郎の時代だった
筒井康隆 P180
連載小説
 
地球にちりばめられて 
最終回
多和田葉子 P182
 
九十九歳になった私 
最終回
橋本治 P196
 
二月のつぎに七月が 
第5回
堀江敏幸 P220
連載評論
 
人間とは何か                   ──フランス文学による感情教育── 
第2回
中条省平 P232
 
たましいを旅するひと──河合隼雄 
第8回
若松英輔 P246
 
〈世界史〉の哲学 
第95回
大澤真幸 P258
連載
 
現代短歌ノート 
第88回
穂村弘 P273
随筆
 
生命と尊厳のために怒れるか 
荒井裕樹 P204
 
あるべき姿 
田中未来 P218
 
また人を好きになってしまった 
植本一子 P230
 
エッセイ論 
柳本光晴 P276
〈私のベスト3〉
 
写真家が見た3つの自然の事実 
宮崎学 P195
 
農をめぐる三冊 
森まゆみ P217
 
アナーキーな子供たちにLOVE♡ 
ラッキィ池田 P257
〈書評〉
 
『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』三島由紀夫 TBSヴィンテージクラシックス/編 
平野啓一郎 P278
 
『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』笙野頼子 
木村紅美 P280
 
『キッズファイヤーー・ドットコム』海猫沢めろん 
武田砂鉄 P282
 
『茄子の輝き』滝口悠生 
青山七恵 P284
 
『ゼンマイ』戌井昭人 
李龍徳 P286
創作合評
 
「クイーンズ・ロード・フィールド」水原 涼 
島田雅彦 
阿部公彦 
倉本さおり 
P292
 
「私のこども」小林里々子 
島田雅彦 
阿部公彦 
倉本さおり 
P292
 
「海亀たち」加藤秀行 
島田雅彦 
阿部公彦 
倉本さおり 
P292
 
第61回群像新人文学賞応募規定 
   
 
第62回群像新人評論賞応募規定 
   
 
執筆者一覧 
  P307

ひとことコメント

コメント: