TOP

趣味は「読書」

群像 10月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

タイトル:群像 2015年 10 月号 [雑誌]
発売日:2015-09-07
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
短篇
 
まるで砂糖菓子 
勤めを辞め高原の暮らしを選んだ奈緒子ー。人生のささやかな収穫と苦みを端正につづる
乙川優三郎 P7
中篇
 
幼なじみ 
郵便受けに鴉の死骸が投げ込まれたとき、現れたのは幼虫とあだ名された幼なじみだった
谷崎由依 P19
新連載
 
モンテーニュの書斎 
名文家として知られる仏文学者が、豊穣な言葉で『エセー』の新しい魅力を語る
保苅瑞穂 P71
新連作
 
地上生活者 第六部 最後の試み 
朝鮮半島の近代化はあったのかーー富岡製糸場へ行ったことから、日本の明治維新とともに愚哲の思考は突き進む
李恢成 P90
特集 個人的な詩集
 
獣語 
吉増剛造 P136
 
性的ヒーリングワーズ 
山田詠美 P144
 
都市生活者には牧歌が足りない 
島田雅彦 P152
 
あの時代、港で 
長野まゆみ P160
『琥珀のまたたき』刊行記念対談
 
〈無言〉を描く文学 
小川洋子 
X小野正嗣 
P172
連作短篇
 
厚い報告書 
黒井千次 P186
 
運命 
川上弘美 P198
連作批評
 
新・私小説論 
佐々木敦 P210
連載小説
 
オライオン飛行 
第 8回
髙樹のぶ子 P226
 
我々の恋愛 
第11回
いとうせいこう P240
 
尻尾と心臓 
第15回
伊井直行 P280
 
ビビビ・ビ・バップ 
第22回
奥泉光 P262
連載評論
 
鬼子の歌 近現代日本音楽名作手帖 
第21回
片山杜秀 P294
 
〈世界史〉の哲学 
第76回
大澤真幸 P308
連載
 
現代短歌ノート 
第66回
穂村弘 P305
随筆
 
阿川弘之が亡くなった 
三浦朱門 P88
 
ジェラニウムの微かに淫靡な匂い 
工藤庸子 P170
 
海と、海という言葉と、鳥 
牧田真有子 P196
 
方言という異質 
阿部貴人 P238
 
巫女と乞食 
寺尾紗穂 P292
私のベスト3
 
日本語と温泉 
リービ英雄 P195
 
鉄道と映画と音楽と 
川本三郎 P225
 
忘れえぬ罵倒 
伊藤朱里 P279
書評
 
『琥珀のまたたき』小川洋子 
松永美穂 P322
 
『わたしの木下杢太郎』岩阪恵子 
関川夏央 P324
 
『地上生活者第5部 邂逅と思索』李恢成 
富岡幸一郎 P326
 
『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介 
陣野俊史 P328
 
『鳥の会議』山下澄人 
矢野利裕 P330
創作合評
 
「憂国者たち」三輪太郎 
中条省平 
野崎歓 
大澤聡 
P336
 
「八月の息子」木村紅美 
中条省平 
野崎歓 
大澤聡 
P336
 
「苺ジャムから苺をひけば」川上未映子 
中条省平 
野崎歓 
大澤聡 
P336
 
第59回群像新人文学賞応募規定 
  P352
 
第60回群像新人評論賞応募規定 
  P351
 
執筆者一覧 
  P355
ひとことコメント
コメント: