TOP

趣味は「読書」

群像 1月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

タイトル:群像 2014年 01月号 [雑誌]
発売日:2013-12-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
隔月新連載
 
躁がしい徒然 
記憶の重層から漂う人生の意味ーー。遙か時空を往還する古井文学の新たなる頂点
古井由吉 P7
新連載小説
 
ビビビ・ビ・バップ 
時は近未来、主人公は二代目フォギー。彼女が巻き込まれる「地球規模」の事件とは
奥泉光 P23
新連載
 
鬼子の歌――近現代日本音楽名作手帖 
日本人が創る西洋クラシックが背負う「鬼子」としての宿命ーー。鬼才による刺激的音楽論
片山杜秀 P43
中篇130枚
 
どろにやいと 
戌井昭人 P56
短篇
 
夏、そして冬 
三木卓 P144
評論
 
南方熊楠のシントム 
中沢新一 P156
対談
 
文学と愛、哲学と愛 
野崎歓 
×大澤真幸 
P184
野間文芸賞・野間文芸新人賞発表
 第66回野間文芸賞受賞作
「未明の闘争」  保坂和志 
  P104
 
授賞のことば 
保坂和志 P104
 
選評 
奥泉光 
×佐伯一麦 
×坂上弘 
×高橋源一郎 
×津島佑子 
×町田康 
P104
 第35回野間文芸新人賞受賞作
「想像ラジオ」  いとうせいこう 
  P109
 
授賞のことば 
  P109
 
選評 
島田雅彦 
×多和田葉子 
×星野智幸 
×堀江敏幸 
×松浦理英子 
P109
 記念対談
小説の自由と寛容 
保坂和志 
×高橋源一郎 
P113
 記念対談
想像力で世界に立ち向かう 
いとうせいこう 
X星野智幸 
P128
連載小説
 
時穴みみか 
第 4回
藤野千夜 P214
 
死に支度 
第 6回
瀬戸内寂聴 P202
 
パノララ 
第10回
柴崎友香 P236
 
地上生活者  第五部  邂逅と思索 
第23回
李恢成 P256
連載評論
 
皇后考 
第16回
原武史 P266
連載
 
現代短歌ノート 
第46回
穂村弘 P287
 
映画時評 
第61回
蓮實重彦 P284
随筆
 
「出来事」の話 
大江健三郎 P54
 
今ひとたび三陸へ 
津村節子 P182
 
ゲルニカに一輪の花 
髙樹のぶ子 P200
私のベスト3
 
T・ハンターの視界からの消滅 
蓮實重彦 P103
 
自分の中にある 
横尾忠則 P155
 
私の好きな三足の靴 
綿矢りさ P255
書評
 
『存在しない小説』いとうせいこう 
野谷文昭 P290
 
『マリーについての本当の話』ジャン=フィリップ・トゥーサン、野崎 歓訳 
平田俊子 P292
 
『去年の冬、きみと別れ』中村文則 
中条省平 P294
 
『三陸の海』津村節子 
木村紅美 P296
創作合評
 
「鼻に挟み撃ち」いとうせいこう 
小池昌代 
阿部公彦 
中村文則 
P304
 
「宦官への授業」荻世いをら 
小池昌代 
阿部公彦 
中村文則 
P304
 
「じい」広小路尚祈 
小池昌代 
阿部公彦 
中村文則 
P304
 第58回群像新人文学賞応募規定
目次裏 
  P320
 侃侃諤諤
  
  P298
 執筆者一覧
  
  P323
ひとことコメント
コメント: