TOP

趣味は「読書」

群像 7月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

タイトル:群像 2010年 07月号 [雑誌]
発売日:2010-06-07
価格:¥ 920
amazonで詳細を見る
〈創作〉
 
明後日になれば   
古井由吉 P6
 
竹林まで   
松浦寿輝 P21
シリーズ「願い」
 
お願い玉  
藤野千夜 P32
新連載
 
会社員小説をめぐって 
第1回
伊井直行 P44
〈対談〉
 第四回大江健三郎賞記念対談
スリの「物語(レシ)」のなかの現代 
ふたりの小説家が、創作の奥底をめぐり肝胆相照らす
大江健三郎 
X中村文則 
P58
〈特集〉ドストエフスキー
 〈新訳〉
やさしい女 
後期の名作小説が瑞々しい訳で甦る
ドストエフスキー 
井桁貞義 
P72
 〈評論〉
カラマーゾフのこどもたち   
足掛け7年に及ぶ「ドストエフスキー論」 完結篇
山城むつみ P114
〈特集〉村上春樹、世界文学への軌跡
 〈対談〉
『1Q84』と漱石をつなぐもの   
『1Q84』英訳者と、世界デビューの契機を作った功労者が語る「ムラカミ文学」
ジェイ・ルービン 
X小森陽一 
P180
 〈講演〉
羊を追って――村上春樹のブレイクスルー    
エルマー・ルーク P193
〈鼎談〉
 
世界文学を旅する 
柴田元幸 
X沼野充義 
X野崎歓 
P208
連載小説
 
昼田とハッコウ 
第5回
山崎ナオコーラ P234
 
わたしの彼氏 
第7回
青山七恵 P245
 
裂 
第8回
花村萬月 P260
 
未明の闘争 
第9回
保坂和志 P271
 
末裔 
第11回
絲山秋子 P280
 
地上生活者 
第四部 23
李恢成 P289
連載評論
 
孤独の発明 
第7回
三浦雅士 P307
 
村上春樹の短編を英語で読む 
第11回
加藤典洋 P324
 
(世界史)の哲学 
第17回
大澤真幸 P340
 
東と西――横光利一の旅愁 
第24回
関川夏央 P356
連載
 
映画時評 
第19回
蓮實重彦 P176
 
「生」の日ばかり 
第16回
秋山駿 P222
 
現代短歌ノート 
第4回
穂村弘 P304
随筆
 
鉄とラグビーの街  
上岡伸雄 P56
 
さかもとのこと  
山下澄人 P70
 
失われたパンを求めて   
辛島デイヴィッド P206
 
閉じ困って   
荻世いをら P232
 私のベスト3
脚妄想 
安達千夏 P175
 私のベスト3
失われた時を求める道具 
永岡杜人 P227
 私のベスト3
姉ベスト3  
柴幸男 P363
書評
 
『闇の奥』辻原 登 
三輪太郎 P364
 
『「悪」と戦う』高橋源一郎 
安藤礼二 P366
 
『あられもない祈り』島本理生 
加藤千恵 P368
創作合評
 
「予言残像」牧田真有子 
川村湊 
X野崎歓 
X村田沙耶香 
P372
 
「乙女の密告」赤染晶子 
川村湊 
X野崎歓 
X村田沙耶香 
P372
 
「来福の家」温又柔 
川村湊 
X野崎歓 
X村田沙耶香 
P372
 第54回群像新人文学賞応募規定
  
   
 侃侃諤諤
  
  P370
 執筆者一覧
  
  P387
ひとことコメント
コメント: