TOP

趣味は「読書」

群像 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

タイトル:群像 2010年 06月号 [雑誌]
発売日:2010-05-07
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
第五十三回群像新人文学賞発表
 小説当選作
朝が止まる 
男が背後から見つめるのは、目覚まし時計の優秀な女販売員、繰り返される二人の朝
浅川継太 P6
 
後悔さきにたたず 
バイト店員サクライの哲学的な仕事ぶりを描く、コンビニ文学の圧巻
野水陽介 P64
 評論優秀作
福田恆存VS武智鉄二 
西洋か伝統か、それが問題だ!
飯塚数人 P140
 
受賞の言葉 
  P164
 
選評 
伊藤たかみ  絲山秋子  田中和生  長嶋有  松浦寿輝
  P166
〈創作〉
 
予言残像 
牧田真有子 P176
寂聴まんだら対談
 〔5〕
ふたりが歩んだ戦後文学史 
同人誌「文学者」での修業時代から谷崎潤一郎、平林たい子、円地文子らとの交流まで
瀬戸内寂聴 
X河野多惠子 
P240
連載小説
 
昼田とハッコウ 
〔4〕
山崎ナオコーラ P274
 
わたしの彼氏 
第6回
青山七恵 P285
 
裂 
第7回
花村萬月 P301
 
未明の闘争 
第8回
保坂和志 P312
 
日本文学盛衰史 戦後文学篇 
第9回
高橋源一郎 P320
 
末裔 
第10回
絲山秋子 P330
 
地上生活者 
第四部 22
李恢成 P338
連載評論
 
孤独の発明 
第6回
三浦雅士 P350
 
村上春樹の短編を英語で読む 
第10回
加藤典洋 P366
 
(世界史)の哲学 
第16回
大澤真幸 P386
 
東と西――横光利一の旅愁 
第23回
関川夏央 P400
連載
 
映画時評 
第18回
蓮實重彦 P236
 
「生」の日ばかり 
第15回
秋山駿 P258
 
現代短歌ノート 
第3回
穂村弘 P264
随筆
 
風薫る五月に  
石川公彌子 P174
 
ふたつの日本喪失  
藤谷治 P256
 
バージンパンケーキ国分寺  
雪舟えま P268
 
嚙む嚙むカミングス   
松本圭二 P348
 私のベスト3
大阪の見所 
玄月 P235
 私のベスト3
食えない旅  
谷崎由依 P255
 私のベスト3
溢れんばかりの楽器愛 
広小路尚祈 P407
書評
 
『やすらい花』古井由吉 
町田康 P408
 
『高く手を振る日』黒井千次 
稲葉真弓 P410
 
佐々木中 P412
 
富岡幸一郎 P414
 
東直子 P416
創作合評
 
「寝ても覚めても」柴崎友香 
川村湊 
X野崎歓 
X村田沙耶香 
P420
 
「望みの彼方」喜多ふあり 
川村湊 
X野崎歓 
X村田沙耶香 
P420
 第54回群像新人文学賞応募規定
  
   
 侃侃諤諤
  
  P418
 執筆者一覧
  
  P435
ひとことコメント
コメント: