TOP

趣味は「読書」

群像 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

群像
群像

毎月7日
(株)講談社

講談社 BOOK倶楽部:文芸書 群像

amazonで購入

文学賞関連

タイトル:群像 2009年 03月号 [雑誌]
発売日:2009-02-07
価格:¥ 920
amazonで詳細を見る
 〈創作〉
戒名 
祖父母と弟の日常には細部がある。そこに私は人生を発見して小さく驚く
長嶋有  
 〈創作〉
星が吸う水 
自由を獲得するために鶴子の突起は膨張する。注目の新鋭が挑む性と生
村田沙耶香  
 〈創作〉
傘と長靴 
父の最期を看取った。この人は本当に自分の父だったのか
川崎徹  
 〈対談〉
音楽を考えるときに小説のできること 
音楽業界をみると出版界の近未来が予測できる。共通する展望と課題を語り合う
保坂和志 
X佐々木敦 
 
 〈芥川賞受賞記念インタビュー〉
『ポトスライムの舟』で試みたこと 
苦しくつらいときも、生活のどこかにきっと歓びがある
津村記久子 
聞き手石川忠司 
 
 〈新連載第二回〉
〈世界史〉の哲学 
〔2〕
大澤真幸  
 〈新連載第二回〉
「生」の日ばかり 
〔2〕
秋山駿  
 新連載第三回 変愛小説集Ⅱ
スペシャリスト 
アリソン・スミス 
岸本佐知子 
 
 連載小説
地上生活者 
第四部七
李恢成  
 連載小説
ピストルズ 
25
阿部和重  
 連載小説
歌うクジラ 
31
村上龍  
 連載評論
異邦の香り 
ネルヴァル『東方紀行』論〔4〕
野崎歓  
 連載
東と西ー横光利一の旅愁 
関川夏央  
 連載
『純粋理性批判』を噛み砕く 
12
中島義道  
 連載
映画時評 
〔3〕
蓮實重彦  
 
背中の記憶 
〔8〕
長島有里枝  
 
巨人伝説 
〔8〕
野口武彦  
 随筆
怖ろしさと懐かしさ 
村田喜代子  
 随筆
村上龍と村上春樹の「大空位時代」 
清水良典  
 随筆
袖ひぢてむすびし水のこほれるを 
澁谷禎之  
 随筆
ごろんた 
雪舟えま  
 〈コラム〉〔美味しかった〕
カブミ 
鴻巣友季子  
 
ナタデココの妖精 
墨谷渉  
 
トマト幻想 
小林里々子  
 書評
映画と出会い損ねた男の救いがたき「孤独」を描くフィクション 
『ゴダール マネ フーコー 思考と感性とをめぐる断片的な考察』蓮實重彦
廣瀬純  
 書評
神々の愛憎を語り直す 
『女神記』桐野夏生
蜂飼耳  
 書評
「近代」を批評する眼としての辺境 
『ファミリーポートレイト』桜庭一樹
久野量一  
 書評
ぬるま湯に注意 
『ぬかるみに注意』生田紗代
中島たい子  
 〈創作合評〉
「実習生豊子」青山七恵 
松永美穂 
X中村文則 
X宇野常寛 
 
 〈創作合評〉
「わたしたちはまだ、その場所を知らない」小池昌代 
松永美穂 
X中村文則 
X宇野常寛 
 
 〈創作合評〉
「虫樹譚」奥泉 光 
松永美穂 
X中村文則 
X宇野常寛 
 
ひとことコメント
コメント: