TOP

趣味は「読書」

本の雑誌 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

本の雑誌
本の雑誌


(株)本の雑誌社



amazonで購入
本の雑誌トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:本の雑誌 323号
発売日:2010-04-13
価格:¥ 740
amazonで詳細を見る
 
今月の一冊 
  P1
 
たぬきの書評 
出久根達郎 P28
 
さよならスペンサーなんて言わない  
増田俊也 P30
 
絲的モノ道具 
モノとコトガラ 
絲山秋子 P32
 
黒豚革の手帖 
大リストラ決行中
内澤旬子 P66
 
翻訳ミステリー大賞のお祭りができたんですよ  
杉江松恋 P68
 
実録エンタメ・ノンフ人生 
ブルガリアの岩と薔薇(後編)
高野秀行 P70
特集:2010年私のマル秘新作
 
春爛漫、気になる作家総勢七十三名の今年度出版・執筆予定&近況を一挙掲載するぶっちぎりの二十三ページ大特集だあ! 
  P4
 
文学賞記者日記 
  P75
 
吉野朔実劇場 
あの本を書いた人はこんな本を読んでいます 
吉野朔実 P76
 
厚さ四センチ六五八ページが語る“大変なこと” 
豊崎由美 P81
 
吉田伸子の「食えばわかる!」 
ビールにぴったり熱々チーズシチュー 
吉田伸子 P82
 
ウィーンカフェ巡り  
鏡明 P84
 
南の話 
プードルと野良犬たち 
青山南 P86
 
私がすすめる一冊 
  P88
新刊めったくたガイド
 
ゾウハー十五年ぶりの完全復活!  
三橋曉 P34
 
総重量2472グラムのボリュームたっぷり三連発だ!  
山崎まどか P36
 
迫真のパンデミック・スリラー 小川一水『救世群』を読むべし  
大森望 P38
 
一読驚嘆 乾ルカ『メグル』を読み逃すな! 
宇田川拓也 P40
 
朝倉かすみの生々しくも恐ろしい“めりっ”を味わう  
アライユキコ P42
 
『切手帖とピンセット』からひろがる、「郵趣」の奥深さ。 
金子のぶお P44
 
子供時代がぐんぐん蘇ってくる『遠まわりして、遊びに行こう』  
北上次郎 P46
 
続・棒パン日常 
転向
穂村弘 P48
 
三角窓口 
川島誠『夏のこどもたち』はエロすぎる!? 他
  P102
 
小学4年生書評家ゆきちゃんの読んで育つ 
ゆきちゃん P107
 
ミステリー特等席 
穂井田直美 P50
 
街の本屋は今日もカウント2・9 
伊野尾宏之 P52
 
SF新世紀 
山岸真 P54
 
徒然古本観賞 
荻原魚雷 P56
 
馬の耳に新書 
渡邊十絲子 P58
 
ニッポンの地元愛 
石川春菜 P60
 
サイコドクターの日曜日 
風野春樹 P62
 
オビミシュラン 
M・オビスピエール P64
 
カタカナの「カ」を探せ 
  P89
 
ブックス・墨瓦蝋泥加 
ジャイルズが描く驚くべき白人奴隷の物語
宮田珠己 P90
 
「西サハラ」を舞台にしたエンターテインメントの偉大な力  
高野秀行 P92
 
扶桑書房古書目録の第百号記念号にぶっ飛びました  
坪内祐三 P94
 
ミーツへの道 
深夜のドツきあい 
江弘毅 P96
 
作家の言い分 
チンピラモノカキにとって書評は勲章である 
岸川真 P108
 
ヒーローたちの荒野 
濃密になってゆくヒーローと悪役の関係 
池上冬樹 P109
 
サッカーストーリーズ 
卒業アルバム 
はらだみずき P110
 
日本SF戦後出版史 
日本作家大驀進の巻 
高橋良平 P114
 
現実は小説よりハッピーなのだ!  
円城塔 P120
 
復員した男の痛切な孤独感 
吉野仁 P121
 
ファンタジー界のピタゴラ装置ザンス! 
池澤春菜 P122
 
史上最低のミステリ作家H・S・キーラー  
柳下毅一郎 P123
 
今月書いた人 
  P132
 
今月本の雑誌に遊びに来た人 
  P133
 
掲載図書索引 
  P134
 
キムラ弁護士小説を書く 
町田秀子という女(その5) 
木村晋介 P124
 
歩く旅 
金沢・浅野川倶楽部にて 
沢野ひとし P126
 
今月のお話 
釣りをめぐる恐い話
椎名誠 P130
 
後記 
  P136
ひとことコメント
コメント: