TOP

趣味は「読書」

新潮 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:新潮 2016年 12 月号 [雑誌]
発売日:2016-11-07
価格:¥ 1,030
amazonで詳細を見る
 
息子と狩猟に 
狩猟者と犯罪者。人と獣の狭間で生きる魂が劇的に交錯する。想像力と倫理の臨界点へ!
服部文祥 P19
 
楽園 
盗まれた鍵の行方と人の命運を描く超群像劇
玄月 P71
 [戯曲]
肉声 
平野啓一郎 P93
 
『肉声』縁起 
大戦中の妾宅に女の声が響く。艶やかに、哀切に。コクトー『声』に触発された著者初戯曲
平野啓一郎 P111
連載小説
 
野の春 
第 3回
宮本輝 P268
 
エリザベスの友達 
第 5回
村田喜代子 P280
 
ミライミライ 
第 7回
古川日出男 P291
 
TIMELESS 
第 9回
朝吹真理子 P306
 
黎明期の母 
第11回
島田雅彦 P312
 
光の犬 
第16回
松家仁之 P324
 
ペインレス 
第18回
天童荒太 P336
漫画家デビュー70周年企画 
 初公開 永久保存グラビア!
手塚治虫のエロティカ 
国民的漫画家が密かに描き続けたエロティック素描群が発掘された。いつ、何のために? 驚くほど艶めかしいイメージをグラビア初公開。性を超越したエロスとメタモルフォーゼへ向かう欲望を検証する!
  P1
 手塚治虫のエロティカ
手塚治虫のエロス 
筒井康隆 P116
 手塚治虫のエロティカ
密かな父の享楽に触れ…… 
手塚るみ子 P118
 手塚治虫のエロティカ
解説・メタモルフォーゼの魅惑 
中条省平 P120
 手塚治虫のエロティカ
解題・習作に見る描線へのこだわりと表現力 
濱田髙志 P125
 手塚治虫のエロティカ
70周年記念本紹介 
濱田髙志 P129
鼎談
 
愛(いと)しんどい京都 
京都小説の二達人と初めて故郷を書いた京都人が語り合う、街と作家と物語の特別な関係
綿矢りさ 
X万城目学 
X森見登美彦 
P131
 
甦る幻の島尾日記――『死の棘』その前夜 
日記の修復で甦る、妻が発狂した「その日」
梯久美子 P141
 
楽園からの逃亡ーーイーヴリン・ウォー『ブライヅヘッドふたたび』をめぐって 
吉田健一に導かれて、英国文学の珠玉を読む
川本直 P151
 [第二回・一二〇枚]
編集者 漱石 
後の文豪は有能かつ画期的な編集者だった。漱石の青年期を新視点で捉え直す野心的評伝
長谷川郁夫 P161
 
言葉と衣服――第三回・モダニズム再考 
ファッションはモダニティから逃れられるか
蘆田裕史 P203
 
批評の魂 
第12回
前田英樹 P233
 
小林秀雄 
第39回
大澤信亮 P245
 
地上に星座をつくる 
第47回   健康第一
石川直樹 P220
 
見えない音、聴こえない絵 
第146回  未来風味の亀
大竹伸朗 P260
新潮
 
現実の予兆と、演劇 
宮沢章夫 P222
 
欧州ツアー日記 
Phew P226
 
「東北・沖縄」展で感じたこと 
清水穣 P228
 
メメントモリは続く 
メレ山メレ子 P230
 
アンソニー・ドーア『すべての見えない光』 
日和聡子 P262
 
保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』 
湯浅学 P264
 
岡田秀則『映画という《物体X》――フィルム・アーカイブの眼で見た映画』 
渡邉大輔 P266
 
第49回《新潮新人賞》応募規定 
  P232

ひとことコメント

コメント: