TOP

趣味は「読書」

新潮 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:新潮 2016年 09 月号
発売日:2016-08-06
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
 一〇〇枚
みずち 
信仰に溺れた母。般若の面を求める妻。おれは「女」を捉えきれない――。新鋭の飛翔作!
高尾長良 P7
 一〇〇枚
Would You Please Just Stop Making Sense ? 
《意味》は《意味》を増殖させるのか? 浴槽三重殺の謎を追うサンディエゴの警官と銃声の行方
舞城王太郎 P39
 
うそコンシェルジュ 
嘘のつき方を考えて欲しい。次々と依頼を受ける私の思いは善意と疾しさの狭間に揺れる
津村記久子 P75
 
ビニール傘 
あてどなく孤独な日々を送る大阪の若者達。断片的な生を鮮烈に描く社会学者の初創作!
岸政彦 P95
 
雷鳴の湾――Miscellany 
記憶、この「とてつもなく貴重」で雑多なもの
金井美恵子 P113
 
闘字 
中国古来の漢字対戦(バトル)に日本の旅行者が挑む!?
円城塔 P121
連載小説
 
名誉と恍惚 
第24回 連載完結
松浦寿輝 P264
 
ミライミライ 
第 4回
古川日出男 P292
 
TIMELESS 
第 6回
朝吹真理子 P304
 
黎明期の母 
第 8回
島田雅彦 P311
 
岩場の上から 
第10回
黒川創 P325
 
光の犬 
第13回
松家仁之 P343
 
ペインレス 
第16回
天童荒太 P355
 
荒れ野にて 
第20回
重松清 P368
 
第49回《新潮新人賞》応募規定 
  P148
 
なぜ「最後の長篇」なのか? 
これでもう書くものがないな――『モナドの領域』へ至る数十年・重要作群の軌跡を追う
筒井康隆 
佐々木敦 
P137
 
はじまりの宮崎駿――『風立ちぬ』再考 
「最後の国民作家」、その集大成と歴史の姿
杉田俊介 P151
 
美貌とイケメン 
安岡、吉行、島尾。小説が導く小説家の記憶
金井久美子 P175
 
死者と生きる――被災地の霊体験 
第二回 霊に救われる被災者の声。話題のルポ第二弾
奥野修司 P181
 
言葉と衣服――第二回・スタイルと装飾 
様式・文体・構成――衣服と言語は似ている
蘆田裕史 P201
 
批評の魂 
第 9回
前田英樹 P225
 
小林秀雄 
第36回
大澤信亮 P237
 
地上に星座をつくる 
第四十四回・知床連山単独縦走
石川直樹 P252
 
見えない音、聴こえない絵 
第一四三回・時代の目玉
大竹伸朗 P254
新潮
 
如何にして『水道橋博士のメルマ旬報』は限界を突破したか 
原カントくん P218
 
私の好きな劇団 
相馬千秋 P220
 
明朝体のこと 
鳥海修 P222
 
奥泉 光『ビビビ・ビ・バップ』 
鴻巣友季子 P256
 
中村文則『私の消滅』 
斎藤環 P258
 
フランコ・モレッティ『遠読――〈世界文学システム〉への挑戦』 
武田将明 P260
 
松浦寿輝『BB/PP』 
丹生谷貴志 P262

ひとことコメント

コメント: