TOP

趣味は「読書」

新潮 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:新潮 2016年 03 月号 [雑誌]
発売日:2016-02-05
価格:¥ 980
amazonで詳細を見る
新連載
 
NPAO 
わたしが死んだことを彼女は知らない――。存在と時間の裂け目から、死者はかつての恋人に想いを送る。繊細で鮮烈な感情の物語。
絲山秋子 P7
[長篇戯曲]
 
逆鱗 
潜水鵜たちは志願した。水底の人魚を探し出す任務に。だが、海中水族館にNINGYOが現れて――時代の深海へ飛び込む衝撃作!
野田秀樹 P15
 
今日は昨日の明日 
シューベルトの響きとともに、「われわれの青春」が蘇る。著者二十歳の精神の記録。
森内俊雄 P85
 
悲劇犬 
敗戦直後の日本で、著者一家のかたわらにいた犬自身が物語る。種を超えた、命の共生。
加藤幸子 P111
 
或る小景、黄昏のパース 
真冬の新潟に帰省した小説家の胸に、過去の小景が去来する。無人の実家に記憶は舞った。
藤沢周 P121
 
修那羅(しょなら) 
屈託と感傷を抱えて、雪深い信州を旅する男一人。真夜中の峠で見た異様な光景とは……。
諏訪哲史 P131
 
黎明期の母 
第2回
島田雅彦 P153
連載小説
 
TIMELESS 
第2回
朝吹真理子 P167
 
岩場の上から 
第4回
黒川創 P285
 
籠の鸚鵡 
第7回
辻原登 P306
 
光の犬 
第7回
松家仁之 P323
 
荒れ野にて 
第14回
重松清 P335
 
長流の畔 
第19回
宮本輝 P274
 
名誉と恍惚 
第19回
松浦寿輝 P353
特別鼎談
 
死を擬態し、生を超える 
横尾忠則 
X瀬戸内寂聴 
X浅田彰 
P173
 
数学者岡潔の「最終講義」 
「新潮」で小林秀雄と伝説の対話を交わした天才数学者。その壮大な世界観がいま蘇る!
森田真生 P195
 
「月刊毎日」発掘の続報 
石川巧 P211
 
批評の魂 
第3回
前田英樹 P251
 
小林秀雄 
第30回
大澤信亮 P235
 
島尾ミホ伝 『死の棘』の謎 
第33回
梯久美子 P225
 
地上に星座をつくる 
第38回・ヤマハゲを見に行く
石川直樹 P222
 
見えない音、聴こえない絵 
第137回・現代と絵
大竹伸朗 P262
新潮
 
永遠の過渡期にあって 
宮内悠介 P216
 
サイト 
横田大輔 P218
 
都市社会学の「下位文化」 
田村公人 P220
 
青山南・編訳『パリ・レヴュー・インタヴューI・II』 
坪内祐三 P264
 
村田沙耶香『消滅世界』 
伊藤朱里 P268
 
佐々木敦『ゴダール原論 映画・世界・ソニマージュ』 
細馬宏通 P270
 
青木淳悟『学校の近くの家』  
松田青子 P272
 
第48回《新潮新人賞》応募規定 
  P224

ひとことコメント

コメント: