TOP

趣味は「読書」

新潮 1月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:新潮
発売日:2015-12-07
価格:¥ 1,030
amazonで詳細を見る
創作特集 想像力の新しいパースペクティブ
 [300枚]
手のひらの京(みやこ) 
主人公は三姉妹、そして京都。深い想いを込め、古都に流れる時、人生の息吹を描く力作長篇
綿矢りさ P7
 新連載
TIMELESS 
いま。四百年前。百年先。幻視された無‐時の海に、ひとはたゆたう。著者五年ぶりの最新作
朝吹真理子 P105
 
双塔 
人類を含む全知的生命体と「塔」をめぐる秘史
上田岳弘 P119
 
〈ゲンジ物語〉の作者、〈マツダイラ・サダノブ〉 
源氏から千年。この〈小説〉は事故か事件か
円城塔 P137
 
名犬 
孕み産む生物の王国へ。夫婦の奇妙な温泉行
小山田浩子 P145
 
短冊流し 
娘の脳に何が起きたのか。親と子の絆の行方
高橋弘希 P159
 
文化 
晴れの特異日の居酒屋に流れゆく「意識」の宴
滝口悠生 P175
 
死体 
作家は死体に語る。時代の毒に抗う文学の毒
田中慎弥 P189
 
ネグリジェと世界美術大全集 
美術史に終わりはない。では私の人生は……
藤野可織 P199
 
率直に言って覚えていないのだ、あの晩、実際に自殺をしたのかどうか 
未来は見えず、死は近い。青春の痛切な感触
山下澄人 P211
創作
 
胡同(フートン)のジャスミン 
金井美恵子 P241
 
リヒャルト・ワーグナー通り  
多和田葉子 P227
新連載
 
批評の魂 
白鳥と小林。身ひとつで為される批評の誕生
前田英樹 P251
特別原稿
 
メルヴィルとクウェスト、それにピンチョン 
池澤夏樹 P269
 
宋澤莱――台湾の黙示録作家 
四方田犬彦 P280
 
神話的秩序の切れ間から 
山城むつみ P287
 
虚構外存在の哀しみ ――筒井康隆『モナドの領域』論 
佐々木敦 P292
 
無垢と経験のはざまで ――川上未映子『あこがれ』論 
中条省平 P296
 
星野智幸『呪文』 
想田和弘 P300
 
瀬戸内寂聴『わかれ』 
中上紀 P302
 
森田真生『数学する身体』 
三浦雅士 P304
 
加藤典洋『戦後入門』 
吉川浩満 P306
 
松浦寿輝『黄昏客思』 
鷲田清一 P308
連載小説
 
岩場の上から 
[第2回]
黒川創 P310
 
籠の鸚鵡 
[第5回]
辻原登 P330
 
光の犬 
[第5回]
松家仁之 P344
 
土の記 
[第12回]
髙村薫 P356
 
荒れ野にて 
[第12回]
重松清 P372
 
長流の畔 
[第17回]
宮本輝 P390
 
名誉と恍惚 
[第18回]
松浦寿輝 P401
 
第48回《新潮新人賞》応募規定 
  P268

ひとことコメント

コメント: