TOP

趣味は「読書」

新潮 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2014年 03月号 [雑誌]
発売日:2014-02-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
【新連載】
 
繭 
あたたかくふたりを守ってくれていたはずの部屋が、突如として凶器に変わる――。抑えようのない衝動が大すきな彼を痛めつける。
青山七恵 P7
 [140枚]
メタモルフォシス 
変態の果て、死の直前に広がる新しい世界へ。真摯に倒錯しすぎたマゾ証券マンの悲喜劇。
羽田圭介 P27
 
かわたれどき 
中納直子 P71
 
パレード 
内村薫風 P87
【短篇】
 
創作   
エトガル・ケレット 
訳・解説母袋夏生 
P107
【エッセイ】
 
父の足あと 
エトガル・ケレット 
秋元孝文 
P107
 
微小生物集 
若き科学者のための新種生物案内
セス・フリード 
訳・解説藤井光 
P115
 
左眼ノ恋 
右目視力を喪った国際的写真家の「失・明暗」
荒木経惟 P141
 
電車道 
[第三回]
磯﨑憲一郎 P171
 
疒(やまいだれ)の歌 
[第四回]
西村賢太 P181
 [120枚]
石井桃子の図書館 
国際的視座で子どもと本の理想を追い、したたかに実現させた稀代の児童文学者。その一九五〇~六〇年代の奮闘の軌跡。
尾崎真理子 P193
 第46回新潮新人賞応募規定
  
  P258
 
福島第一原発「観光」記 
あえて遊歩者(フラヌール)として原発内を「観光」する。福島の未来のために。
東浩紀 P231
対談
 
中途半端に猛り狂う狂気について 
阿部和重 
X千葉雅也 
P245
【特別エッセイ】
 
白熊の願いとわたしの翻訳覚え書き 
多和田葉子 P254
 
台湾人の三人の「父親」 
四方田犬彦 P261
 
村上春樹におけるインターフェイスとしての夢 
河合俊雄 P277
 
爛々と――瀬戸内寂聴『爛』 
中上紀 P288
 
小林秀雄 
第九回
大澤信亮 P315
 
島尾ミホ伝 『死の棘』の謎 
[第十三回]
梯久美子 P329
 
地上に星座をつくる  
第二十回・チベットの年越し
石川直樹 P310
 
見えない音、聴こえない絵 
第一一六回・無と有の間に降る言葉
大竹伸朗 P298
新潮
 
わが内なる「外国語」 
パリのシンポジウムでの発表の報告
諏訪哲史 P292
 
嘘か真か 
末井昭 P294
 
カネ、カネ、カネの世の中で 
想田和弘 P296
 
青山七恵『めぐり糸』 
池内紀 P300
 
西村賢太『一私小説書きの日乗 憤怒の章』 
木村友祐 P302
 
佐藤友哉『ベッドサイド・マーダーケース』 
斎藤環 P304
 
髙樹のぶ子『香夜』 
蜂飼耳 P306
 
津村記久子『ポースケ』 
福永信 P308
ひとことコメント
コメント: