TOP

趣味は「読書」

新潮 7月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2013年 07月号 [雑誌]
発売日:2013-06-07
価格:¥ 900
amazonで詳細を見る
 [100枚]
Re: 依田氏からの依頼 
人と世界をつなぐ「巨大な時計」が無数に分裂した……時が壊れた世界に幽閉された男の告白
平野啓一郎 P7
 [170枚]
猫の香箱を死守する党 
世の中には強き者、弱き者、そして猫がいる。暴走する格差社会に猫パンチ&キックを一撃!
木村友祐 P43
 [130枚]
蛸の夢 
この世界は一匹の蛸の夢。なぜ、あなたはそれに気づかないのか?  新潮新人賞受賞第一作
門脇大祐 P95
 
八ツ山 
古井由吉 P137
 
いたちなく 
小山田浩子 P151
連載小説
 
満月の道 
第17回
宮本輝 P312
新潮
 
ハバロフスクのウオッカ 
山根貞男 P254
 
不良の復権 
四方田犬彦 P256
 
オバケを見たらどうするか 
伊藤亜紗 P258
 
『リオ フクシマ』の一年 
岡村淳 P260
 第46回《新潮新人賞》応募規定
  
  P198
第26回三島由紀夫賞発表
 【受賞作】
しろいろの街の、その骨の体温の 
(一部掲載)
村田沙耶香 P178
 
【選評】 
辻原登 
X髙村薫 
X川上弘美 
X町田康 
X平野啓一郎 
P168
 
受賞記念エッセイ 
村田沙耶香 P188
 
受賞記念インタビュー 
村田沙耶香 
聞き手瀧井朝世 
P190
新連載
 
小林秀雄 
批評とは何か――日本の近代批評を確立した巨人の生涯を追い、その根源に迫る野心的論考
大澤信亮 P199
 
柝(き)の音(ね)の消えるまで――追悼市川団十郎丈 
戦後女流文学の精華を書き続ける著者の文学的回想録
宮尾登美子 P215
 
新発見 辻邦生の東大日記 
労働学生の苛烈な日々
中条省平 P231
 
色彩を持たない多崎つくるの現実への巡礼 
河合俊雄 P242
 
有限性の方へ 
第四回・近代と産業
加藤典洋 P263
 
島尾ミホ伝 
『死の棘』の謎[第六回]
梯久美子 P279
 
地上に星座をつくる 
第十三回・最高の登山
石川直樹 P252
 
世界同時文学を読む 
第二十三回・共産主義の思い出――アレクサンダル・ヘモン『ブルーノの問題』
都甲幸治 P296
 
見えない音、聴こえない絵 
第一〇九回・高架下ビエンナーレ
大竹伸朗 P300
 
絲山秋子『忘れられたワルツ』 
鹿島田真希 P302
 
西村賢太『棺に跨がる』 
栗田有起 P304
 
村田喜代子『ゆうじょこう』 
小池昌代 P306
 
古川日出男『南無ロックンロール二十一部経』 
佐々木敦 P308
 
川上未映子『愛の夢とか』 
山崎まどか P310
ひとことコメント
コメント: