TOP

趣味は「読書」

新潮 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2012年 09月号 [雑誌]
発売日:2012-08-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 
さまざまな人生の瞬間に、それはきらきらと光った――生と死と性が未知の響きを放つ、新しい小説のmundus=世界へ。
川上弘美 P7
 
天使 
よしもとばなな P25
 
黄色は空の分け前 
堀江敏幸 P37
 
いつも彼らはどこかに 
第四回・目隠しされた小鷺
小川洋子 P63
 
父 
橋本治 P45
 
IT業界 心の闇 
木下古栗 P85
 
ディスカス忌 
小山田浩子 P105
 
ロイ・スパイヴィ 
ミランダ・ジュライ 
岸本佐知子 
P77
連載小説
 
還れぬ家 
第36回 連載完結
佐伯一麦 P314
 
フィルムノワール/黒色影片  
第31回 連載完結
矢作俊彦 P322
 
ニッチを探して 
第 3回
島田雅彦 P258
 
記憶について ちょうちんそで 
第 3回
江國香織 P276
 
双頭の船 
第 6回
池澤夏樹 P290
 
人外 
遊女考(十)
村田喜代子 P300
 
第45回《新潮新人賞》応募規定 
  P210
新発見
 小川国夫 未発表小説集
おろかな回想  霜と虹 俺たちが十九の時  少年(四つの掌篇) サン・ユニア公国  叔母、甥 
文学が誕生した瞬間の眩い輝き! 故郷・藤枝で、欧州放浪で、育まれた最初期作品六篇。
  P119
 小川国夫 未発表小説集
【解説】作家修錬時代の小川国夫 
勝呂奏 P183
対談 
 
〈わたし〉がいない過去と未来へ 
柴崎友香 
X岡田利規 
P199
緊急寄稿
 
あるいは、通じないことの力
加藤典洋 P188
 
夜露死苦現代詩2.0 ヒップホップの詩人たち 
最終回・こんなんでいいならくれてやるよ――レイト
都築響一 P224
 
地上に星座をつくる  
第五回・最奥の国境
石川直樹 P212
 
世界同時文学を読む 
第十四回・顔のない人々――タオ・リン『リチャード・イエーツ』
都甲幸治 P244
 
アメリカスケッチ2.0 ウェブと文化の未来を考える 
第二十七回・20年後のマルチメディア
池田純一 P220
 
見えない音、聴こえない絵 
第一〇〇回・コンチキチンの森
大竹伸朗 P256
新潮
 
二十年目の宿題 
中上紀 P214
 
プラハの翻訳者会議 
阿部賢一 P216
 
タイムレスなドレスと言葉 
江南亜美子 P218
 
ポール・オースター『ブルックリン・フォリーズ』 
稲葉真弓 P248
 
堀江敏幸『燃焼のための習作』 
マイケル・エメリック P250
 
辻原 登『父、断章』 
田中和生 P252
 
本谷有希子『嵐のピクニック』 
山崎まどか P254
ひとことコメント
コメント: