TOP

趣味は「読書」

新潮 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2011年 09月号 [雑誌]
発売日:2011-08-06
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
THE STORY OF A DAY
 2010/10/13 170枚
誕生という奇跡。出産という創世記。京都の産院から西マリアナ海嶺、南米の地下までを貫く、たった一日の壮大な物語。
いしいしんじ P7
 1945/8/15 120枚
その日東京駅五時二十五分発 
その日、焼け野原と化した日本を一本の汽車が疾走した。滅亡の後を生き抜く19歳の戦記。
西川美和 P59
 1629
[新訳]ユリシーズ 第11章 
鐘を鳴らせ! 「20世紀文学史上最も有名な一日」に人生の交響曲が鳴り渡る。超絶的新訳。
ジェイムズ・ジョイス 
訳・解説柳瀬尚紀 
P95
 120枚
良い夜を持っている 
現実・夢・プログラムが境界を失う時、小説は驚くべき迷宮となる。想像力の真の最前線!
円城塔 P133
 
ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ 
金井美恵子 P173
 
温室で 
ブライアン・エヴンソン 
柴田元幸 
P187
連載小説
 
爛 
第 8回
瀬戸内寂聴 P312
 
フィルムノワール/黒色影片  
第20回
矢作俊彦 P341
 
還れぬ家 
第27回
佐伯一麦 P333
 
幸福の森 
第45回
加賀乙彦 P323
 第44回《新潮新人賞》応募規定
  
  P209
 
哲学の起源 
第三回
柄谷行人 P197
【討議】
 
3月11日直後に被災地入りした石川。九州移住を決めた岡田。「新政府」を立ち上げた坂口。震災後の現実をめぐる三者三様の思考と行動。
石川直樹 
岡田利規 
坂口恭平 
P210
 
“フクシマ”、あるいは被災した時間 
斎藤環 P230
 
創元社と「小林愛雄」 
高橋英夫 P238
 
世界同時文学を読む 
第二回 もう一つの国際語――『グランタ』特集「スペイン語圏の若手作家ベスト」を読む
都甲幸治 P298
 
夜露死苦現代詩2.0 ヒップホップの詩人たち 
第四回・だからタトゥーのように音に痛みを乗せる――田我流
都築響一 P254
 
批評時空間 
第九回・そこにはいないひとについて(ここにはいないひとについて
佐々木敦 P273
 
正岡子規 
第九回
ドナルド・キーン 
角地幸男 
P285
 
アメリカスケッチ2.0 ウェブと文化の未来を考える 
第十六回 パレード的コミュニケーションのポテンシャル
池田純一 P250
 
見えない音、聴こえない絵 
第89回
大竹伸朗 P310
新潮
 
やっぱりふしぎな、キリスト教 
橋爪大三郎 P244
 
鏡、迷宮、そしてヴェネツィアの夜 
村上香住子 P246
 
出シュッパン記 
豊田剛 P248
 
青木淳悟『私のいない高校』 
大和田俊之 P302
 
ミゲル・シフーコ『イルストラード』 
小山太一 P304
 
西村賢太『寒灯』 
村田沙耶香 P306
 
松浦寿輝『不可能』 
山城むつみ P308
ひとことコメント
コメント: