TOP

趣味は「読書」

新潮 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2010年 09月号 [雑誌]
発売日:2010-08-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 (100枚)
東京を捨て、一人だけで生きることを決めた小説家の体に腫瘍が芽生えた時、世界と言葉の終焉劇が静かに始まる。
絲山秋子 P7
 (100枚)
Shit, My Brain Is Dead. 
日系アメリカ人海兵隊員がイラクの砂漠で見た井戸底の闇。地下水脈から現れたのは、出会うはずのない人間だった。
舞城王太郎 P39
 (120枚)
幻影のゆくえ 
砲弾と死者が犇めく戦場で、剥き出しになった人間の姿を少年は凝視する。著者永遠のテーマ「沖縄戦」の総決算!
大城立裕 P71
 (160枚)
幼年期の葉山の夏を共有した二人だけの時間が、もう一度流れ始める。25年の封印を解かれ、今日から明日へ――。
朝吹真理子 P109
短期集中連載・II
 
デカルコマニア 
長野まゆみ P161
連載小説
 
爛 
第5回
瀬戸内寂聴 P274
 
空に梯子 
第8回
角田光代 P284
 
マザーズ 
第9回
金原ひとみ P294
 
フィルムノワール 
黒色影片(9)
矢作俊彦 P320
 
還れぬ家 
第18回
佐伯一麦 P337
 
幸福の森 
第33回
加賀乙彦 P345
クロス書評
 
福田和也『現代人は救われ得るか――平成の思想と文芸』 
女たちの欲望と「大逆」
絓秀実 P198
 
福田和也『現代人は救われ得るか――平成の思想と文芸』 
操作のリアリズム
椹木野衣 P201
 
竹田出雲よりも黙阿弥よりも 
井上ひさしを偲ぶ会で
丸谷才一 P216
 
太陽・フランチェスコ・傷痕 
高橋英夫 P220
 
茶匠たちが作り上げたもの 
磯崎新『建築における「日本的なもの」』をめぐって
フレドリック・ジェイムソン 
鈴木圭介 
P204
新潮
 
新訳『ブリキの太鼓』の響き方 
中森明夫 P230
 
舞台の原理 その二 
岡崎乾二郎 P232
 
セロリ 
藤代泉 P234
 
格差問題で思うこと 
萱野稔人 P236
 
柄谷行人『世界史の構造』 
山城むつみ P262
 
島田雅彦『悪貨』 
苅部直 P264
 
高樹のぶ子『甘苦上海〈完結版〉』 
稲葉真弓 P266
 
トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン(上・下)』 
木原善彦 P268
連載評論・エッセイ
 
アメリカスケッチ2.0 ウェブと文化の未来を考える(五) 
池田純一 P238
 
屋根裏プラハ(十二) 
田中長徳 P242
 
生き延びるためのアメリカ文学(三十) 
都甲幸治 P260
 
明治の表象空間(四十七) 
松浦寿輝 P252
 
見えない音、聴こえない絵(七十九) 
大竹伸朗 P272
 第43回《新潮新人賞》応募規定
  
  P196
ひとことコメント
コメント: