TOP

趣味は「読書」

新潮 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2010年 02月号 [雑誌]
発売日:2010-01-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 300枚一挙掲載
太古から連綿とつらなる生命に宿されたものを携えて、その先の世界へ――。生者と死者と自然の織り成すこの地上をめぐる旅の果てに主人公が見たものとは。著者最大のライフワーク完結篇!
よしもとばなな P6
新連載
 
なぜ、彼は平凡な私を愛してくれるのか? その関係の先には薄暗い闇が広がっていた。
角田光代 P108
 
尿意 
諏訪哲史 P118
 
午後 
福永信 P130
短期集中連載・2
 
〈島〉に戦争が来た 
加藤幸子 P146
連載小説
 
マザーズ 
第2回
金原ひとみ P300
 
フィルムノワール 
黒色影片(二)
矢作俊彦 P354
 
俺俺 
第7回
星野智幸 P310
 
還れぬ家 
第11回
佐伯一麦 P326
 
ネバーランド 
第13回
藤野千夜 P334
 
幸福の森 
第26回
加賀乙彦 P344
 第42回《新潮新人賞》応募規定
  
  P362
 
奄美のマンマーの家で 
鏡台の前で倒れている祖母島尾ミホは白雪姫のように、きれいだった。孫だけが描き得た最期の肖像。そして、遺されたもの――。
しまおまほ P179
 
ゼロ年代の終わりに 
ベルリンのチェルフィッチュ
内野儀 P206
 
世の見方の始まり 
(九) 宮沢賢治・お経
池内紀 P210
 
島尾敏雄 終戦後日記 
(七)昭和二十二年一月一日―五月三十一日
  P226
 
生き延びるためのアメリカ文学 
第24回 愛することの悲しみ――メアリー・ゲイツキル『泣かないで』
都甲幸治 P260
 
見えない音、聴こえない絵 
第72回
大竹伸朗 P270
新潮
 
真に死に切る 
佐々木中 P220
 
「自分の悲劇を舞台にのせて笑う」ことについて。 
岩井秀人 P222
 
アヴァンギャルドな体験 
塚原史 P224
 
青山七恵『魔法使いクラブ』 
稲葉真弓 P262
 
S・エリクソン『エクスタシーの湖』 
円城塔 P264
 
I・マキューアン『初夜』 
鹿島田真希 P266
 
辻原 登『抱擁』 
野崎歓 P268
連載評論・エッセイ
 
高畠素之の亡霊 
(二十四)[連載完結]
佐藤優 P282
 
屋根裏プラハ 
第6回
田中長徳 P272
 
随想 
第13回
蓮實重彦 P251
 
残夢整理 
第13回
多田富雄 P243
 
明治の表象空間 
第41回
松浦寿輝 P292
ひとことコメント
コメント: