TOP

趣味は「読書」

新潮10月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2009年 10月号 [雑誌]
発売日:2009-09-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 
その瞬間、時間は逆転した! 永遠に未成熟な老人達の死に向けた笑劇(ファルス)。三島賞受賞第一作。
前田司郎  
 
美しい象と青年が出会う時、動物園は生きるものの劇場となる。新潮新人賞受賞第一作。
飯塚朝美  
 
流跡 
水の流れにさまよう命と液晶の上にたゆたう言葉の決定的な出会い。鮮烈なデビュー作!
朝吹真理子  
 
嘔吐 
中村文則  
 
裏切りの耳、紙の肉体 
金井美恵子  
 アジアに浸る Soaked in Asia [第八回 韓国]
親切な福姫(ポッキ)さん 
パク・ワンソ  
 アジアに浸る Soaked in Asia [第八回 韓国]
唐辛子姉妹 
高樹のぶ子  
 アジアに浸る Soaked in Asia [第八回 韓国]
「恨」という劇薬=韓国SIA 
高樹のぶ子  
 ■連載小説
俺俺 
(第3回)
星野智幸  
 ■連載小説
還れぬ家 
(第7回)
佐伯一麦  
 ■連載小説
幸福の森 
(第22回)
加賀乙彦  
 ■新潮
コミさんのこと 
奥本大三郎  
 ■新潮
書道の時間 
春日武彦  
 ■新潮
「介護民俗学」から 
六車由実  
 ◆第8回《小林秀雄賞・新潮ドキュメント賞》発表
  
   
 ◆第41回《新潮新人賞》予選通過作品発表
  
   
 ◆第42回《新潮新人賞》応募規定
  
   
 ■ 特別対談 ■
言葉と絵、響き合う自由 
磯崎憲一郎 
X横尾忠則 
 
 
楠木正成の物語的〈変成〉 
シャーマンから悪党へ
高澤秀次  
 
島尾敏雄 終戦後日記(三) 
昭和二十一年二月五日―二月二十八日
島尾敏雄  
 
生き延びるためのアメリカ文学(二十) 
もう一つの日本ーカレン・ティ・ヤマシタ『サークルKサイクルズ』
都甲幸治  
 
四方田犬彦の月に吠える(22) 
[文化月評]
四方田犬彦  
 
見えない音、聴こえない絵(68) 
大竹伸朗  
  ■本
宮崎かすみ『百年後に漱石を読む』 
漱石の二度目の誕生
上野俊哉  
  ■本
平野啓一郎『ドーン』 
薄明の不安と希望
苅部直  
  ■本
諏訪哲史『ロンバルディア遠景』 
「甘咬み」の皮膚に挑む
鶴岡真弓  
  ■本
橋本 治『巡礼』 
ゴミ屋敷の戦後と現在
仲俣暁生  
  ■本
限界小説研究会編『社会は存在しない セカイ系文化論』 
セカイ系評論と決断主義
福嶋亮大  
 ■連載評論・エッセイ
屋根裏プラハ 
(三)
田中長徳  
 ■連載評論・エッセイ
随想 
(十)
蓮實重彦  
 ■連載評論・エッセイ
残夢整理 
(十)
多田富雄  
 ■連載評論・エッセイ
母性のディストピア――ポスト戦後の想像力 
(十二)
宇野常寛  
 ■連載評論・エッセイ
高畠素之の亡霊 
(二十一)
佐藤優  
 ■連載評論・エッセイ
明治の表象空間 
(三十ハ)
松浦寿輝  
ひとことコメント
コメント: