TOP

趣味は「読書」

新潮 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2009年 06月号 [雑誌]
発売日:2009-05-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 
高級牛鍋屋でバイト中の中国人留学生、虹智は21歳。初めての日本、初めての労働、初めての恋――。彼女の前で、世界のすべてが瑞々しい。
楊逸  
 新連載
盗んだ携帯電話が震動するたび、世界はすこしずつ狂っていく。情報化時代の「俺」狂奏曲。
星野智幸  
 
覚醒した眼差しで描かれた白昼夢としての世界。
磯崎憲一郎  
 
掌中の針 
古井由吉  
 
『月』について、 
金井美恵子  
 
空のかなたの坊や 
ニーナ・サドゥール 
訳・解説沼野恭子 
 
 
キ/吉増剛造/セ/撮る撮られ/キ  
古川日出男  
 ■第35回〈第二期第十回〉川端康成文学賞発表
かけら 
青山七恵  
 ■第35回〈第二期第十回〉川端康成文学賞
【選評】 
秋山 駿/井上ひさし/辻原 登/津島佑子/村田喜代子
   
 ■新潮
七歳と二十二歳と 
天埜裕文  
 
ツアー・パフォーマンスという演劇 
高山明  
 
高群逸枝をもう一度 
丹野さきら  
 ◆第42回《新潮新人賞》応募規定
  
   
 ◆第22回三島由紀夫賞候補作品発表
  
   
 ■ 対話 ■
いのちのふるまいを記述する方法 
川上弘美 
X福岡伸一 
 
 
とりとめなく文学的な午後のおしゃべり 
清水徹 
X絲山秋子 
 
 
近代知識人の教養と使命 
松浦寿輝 
X苅部直 
 
 【大型企画】
日本小説技術史 
第四回
渡部直己  
 生き延びるためのアメリカ文学
(十六)名前をめぐる冒険 
コルソン・ホワイトヘッド『エイペックスは傷隠す』
都甲幸治  
 
四方田犬彦の月に吠える(十ハ) 
[文化月評]
四方田犬彦  
 
見えない音、聴こえない絵(64) 
大竹伸朗  
 
中上 紀『海の宮』 
青山真治  
 
津島佑子『電気馬』 
安藤礼二  
 
島田雅彦『小説作法ABC』 
谷崎由依  
 
中村文則『何もかも憂鬱な夜に』 
田中弥生  
 
川勝正幸『丘の上のパンク――時代をエディットする男・藤原ヒロシ半生記』 
横田創  
 連載
還れぬ家 
(三)
佐伯一麦  
 連載
幸福の森 
(十ハ)
加賀乙彦  
 連載
随想 
(六)
蓮實重彦  
 連載
残夢整理 
(六)
多田富雄  
 連載
母性のディストピア 
ポスト戦後の想像力(八)
宇野常寛  
 連載
高畠素之の亡霊 
(十七)
佐藤優  
 連載
明治の表象空間 
(三十五)
松浦寿輝  
ひとことコメント
コメント: