TOP

趣味は「読書」

新潮 2月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

新潮
新潮

毎月7日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

タイトル:新潮 2009年 02月号 [雑誌]
発売日:2009-01-07
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
 創作
その家はなぜゴミ屋敷になっていったのか――。ただ独り「無意味」の中で足掻いた男の戦後日本史。
橋本治  
 創作
パイパー 
パイパーとは何か? 私たちはまだ何も知らない――。千年後の火星。その終わりから始まる人類の黙示録。
野田秀樹  
 短編
マーガレット・アトウッド 
岸本佐知子 
 
 連作完結
月、日、星、ホイホイ 
村田喜代子  
 連作
ファントム、クォンタム 
(第五回)
東浩紀  
 新潮
「滑稽な時代」のほうがよかった 
津野海太郎  
 新潮
・ガルシア=マルケス国際会議 
田村さと子  
 新潮
音楽奴隷たち 
平井玄  
 
石川直樹『最後の冒険家』 
戌井昭人  
 
安藤忠雄『建築家 安藤忠雄』 
鹿島田真希  
 
よしもとばなな『彼女について』 
しまおまほ  
 
堀田善衞『堀田善衞 上海日記』 
日和聡子  
 
いしいしんじ『四とそれ以上の国』 
福永信  
 第41回《新潮新人賞》応募規定
  
   
 ◆◆◆新発見◆◆
深沢七郎未発表小説 「二つの主題」 
解説金子明  
 
蛙・松風・桜 
高橋英夫  
 
追悼・加藤周一 
水村美苗  
 
『家畜人ヤプー』秘話 
沼正三氏の死に際し
康芳夫  
 
わが戦前―平成年間の感情、思想、文芸― 
第二十二回
福田和也  
 
世の見方の始まり 
(五)―開高健・飢え
池内紀  
 
生き延びるためのアメリカ文学(十二) 
監獄としてのアメリカ――フィリップ・ロス『憤慨』
都甲幸治  
 
四方田犬彦の月に吠える 
(十四)[文化月評]
四方田犬彦  
 
見えない音、聴こえない絵 
第60回
大竹伸朗  
 連載
幸福の森 
(十四)
加賀乙彦  
 連載
随想(二) 
蓮實重彦  
 連載
残夢整理(二) 
多田富雄  
 連載
母性のディストピア 
ポスト戦後の想像力(4)
宇野常寛  
 連載
高畠素之の亡霊(十三) 
佐藤優  
 連載
明治の表象空間(三十一) 
松浦寿輝  
ひとことコメント
コメント: