TOP

趣味は「読書」

小説新潮 11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2017年 11 月号 [雑誌]
発売日:2017-10-21
価格:
amazonで詳細を見る
特集 ネオ・エロティシズムの誘惑
 
特集 ネオ・エロティシズムの誘惑 
画像や動画ではなく、文章で感じさせたい――。気鋭作家が様々に企んだ、エロティック文芸の最新形!
   
 小説
妻としたい 
半年間、やらせてくれない妻。揺れる巨乳に心も乱れて
足立紳 P26
 小説
穴底の部屋 
これは恋? それとも逃避? 主婦の泉はある男に出会い
一木けい P48
 小説
赤い小鳥 
私は三姉妹の長女。母親は好きに生きろと言うけれど
伊藤朱里 P78
 小説
CV:ユキハライッサ 
女たちの嬌声を浴びる声優男子。その鬱屈がはじけ飛ぶ
笹井都和古 P102
 小説
あなたの惑星 
この交尾が成功するように、みんな見守ってくれている
田中兆子 P122
 小説
桜の里 
男に手を引かれて大嫌いな田舎を出た鈴香。しかし……
花房観音 P168
 小説
やわらかい棘 
母が死んだのに涙も出ない私。代わりに泣いたのは
森美樹 P144
 〈特別エッセイ〉
トリップ・トゥ・ザ・ストリップ――ストリップに夢中 
扉の向こうは夢の国。女性もハマる夜の世界へようこそ
蛭田亜紗子 P136
 〈対談〉
花房観音×原 武史 聖と性――日本のエロティシズム 
官能小説家と政治学者。それぞれの視座で性を語りつくす
花房観音 
X原武史 
P70
新連載小説
 
鉄の楽園 
新幹線を売り込めば中国に敗北。赤字路線は次々と廃線。じり貧続きの鉄道王国を再建する秘策が、北海道にあるというのだが
楡周平 P8
新企画 連続インタビュー
 
テレビの荒野を歩いた人たち 石井ふく子の巻・前編 
テレビ黎明期の頃は、本番もCMもすべて生放送だった……そんな時代を創った先達たちに聞いておきたい、あのことこのこと
ペリー荻野 P186
特選読み切り小説
 
ユレル(前編) 
極秘任務の決行日に起きた大地震。約束は果たせるか、それとも
木皿泉 P408
 
知らない声 銀座ともしび探偵社 
あなたの声が好きだと赤の他人に言われ、困惑する能瀬だが
小松エメル P448
連載第二回
 
二十五年後の読書 
乙川優三郎 P244
 
姫神の葬祭―天照大神暗殺― 
高田崇史 P360
 
謎の未確認納豆を追え! 
高野秀行 P284
バラエティコラム
 
〈思い出の手料理〉 
筒井ともみ P397
 
〈あのとき聞いた音楽〉 
畑主税 P265
 
〈もういちど会いたい〉 
安田謙一 P333
小説新潮作家名鑑
 
小松エメル 
ビルの狭間に息づく銀座の伝統に触れ、自然とこぼれた微笑みを
  P263
連載エッセイ
 
へそのお 
Oka-Chang P416
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 
佐藤優 P494
 
ポジティブ・ファシズム 
武田砂鉄 P376
 
孤独な脳、馬鹿になれない私 
中野信子 P334
 
そもそも 
西きょうじ P440
 
じじばばのるつぼ 
群ようこ P238
本の森
 
新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈歴史・時代〉
田口幹人 P383
 
新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈SF・ファンタジー〉
石井千湖 P375
 
新刊文芸書から、選りすぐりを紹介 
〈恋愛・青春〉
高頭佐和子 P421
【好評連載小説】
 
ハリネズミは月を見上げる 
あさのあつこ P398
 
清く貧しく美しく 
石田衣良 P430
 
杉山検校 
乾緑郎 P312
 
鏡影劇場 
逢坂剛 P384
 
霧の向こう 
奥田英朗 P300
 
トリニティ 
窪美澄 P342
 
ひとりでパンを買いに行く日々に 
白石一文 P192
 
広島電鉄殺人事件 
西村京太郎 P470
 
邯鄲の島遥かなり 
貫井徳郎 P222
 
大名絵師写楽 
野口卓 P266
 
世界の果ては二つ 
初野晴 P422
 
ザ・ロイヤルファミリー 
早見和真 P208
 
船旗を替えよ! 
山本一力 P484
 
自転しながら公転する 
山本文緒 P326
 
第五回「新潮ミステリー大賞」募集要項 
  P469
 
次号予告/表紙画家のつぶやき 
  P504

ひとことコメント

コメント: