TOP

趣味は「読書」

小説新潮 5月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2016年 05 月号 [雑誌]
発売日:2016-04-22
価格:¥ 930
amazonで詳細を見る
特集【青の時代――大人のための青春小説】
 
おっぱい革命 
憧れのマンションを購入した市瀬。だがそこには思わぬ落し穴が
原田ひ香 P28
 
旅は道連れ世は情け 
大型客船に揺られ、僕は式根島に向かう。彼女を救うために
白河三兎 P50
 
あの頃のにおい 
締切り直前に作家からの連絡。もしや依頼が忘れられていた――?
はらだみずき P72
 
ただひとりの人 
自宅にかかってきた無言電話。私はかつての自分を思い出していた
坂井希久子 P94
 
犬は吠えるがアイドルは続く 
夢を叶えてアイドルになったあたし。相方の希は常にクールで
小林早代子 P112
 
似ていないステージ 
ピアノはいつも私の味方。絶対に裏切らないと思っていた。なのに
加藤千恵 P134
 
こぼれ落ちた夏の話 
あの時、私は少しだけ私を逸脱した。千冬との出会いがあったから
大沼紀子 P148
 
僕のスター 
学祭に呼んだミュージシャン。憧れだったけど、今は落ち目で
みうらじゅん P170
 
恋物語 
たまたま路上で出会った老女。彼女が探していたのは“青春”だった
藤田宜永 P188
【読切短篇】
 
ずっと前からここにいる 
その喫茶店で、確かに彼女は浮いていた。そのはずだ、だって彼女は「みらい」から来たのだから……
中島京子 P8
 
浜岡夫人のコンサート 
語学堪能、並外れた美貌、豊かな人脈。才色兼備のプレスの中にあって、伝説と化した、浜岡由里子の人生
林真理子 P18
 
あいしょう しゃばけ 
幼い一太郎の世話をするため、おぎんの命で長崎屋へ行くことになった仁吉と佐助。三人のはじまりの物語
畠中恵 P226
【連載第二回】
 
銀河系の針の穴 
世界中を旅したシーナさんが選ぶ、最良の乗り物は「馬」 。つぶらな瞳に潜む、知られざる生態とは
椎名誠 P214
 
大家さんと僕 
上品で親切でチャーミングな大家さん。僕は大家さんとの距離を縮めようと努力するけど……
矢部太郎 P210
連載エッセイ・ノンフィクション
 
ある鮪漁師の漂流 
角幡唯介 P270
 
物語を忘れた外国語 
黒田龍之助 P452
 
源氏姉妹 
酒井順子 P398
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 
佐藤優 P476
 
そもそも 
西きょうじ P348
本の森 
 
新刊文芸書の中から、選りすぐりのお薦めを紹介 
〈歴史・時代〉
田口幹人 P421
 
新刊文芸書の中から、選りすぐりのお薦めを紹介 
〈SF・ファンタジー〉
石井千湖 P397
 
新刊文芸書の中から、選りすぐりのお薦めを紹介 
〈恋愛・青春〉
名久井直子 P187
【好評連載小説】
 
不発弾 
相場英雄 P308
 
7番街の殺人 
赤川次郎 P458
 
カンパニー 
伊吹有喜 P434
 
鏡影劇場 
逢坂剛 P406
 
陽だまりの宴 
小島慶子 P250
 
八人のゴメス 
西條奈加 P376
 
小説・めぐみ園の夏 
高杉良 P260
 
邯鄲の島遥かなり 
貫井徳郎 P292
 
世界の果ては二つ 
初野晴 P422
 
北海タイムス物語 
増田俊也 P330
 
カズサビーチ 
ようそろ
山本一力 P466
 
自転しながら公転する 
山本文緒 P388
 
BUTTER 
柚木麻子 P356
 
第二九回「山本周五郎賞」候補作発表 
  P208
 
第四回「新潮ミステリー大賞」募集要項 
  P457
 
次号予告/編集後記 
  P486

ひとことコメント

コメント: