TOP

趣味は「読書」

小説新潮 11月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2012年 11月号 [雑誌]
発売日:2012-10-22
価格:¥ 900
amazonで詳細を見る
特集 【SFルネッサンス】
 
【SFルネッサンス】 
SFとは言うまでもなく【Science Fiction】のことで、厳密な意味では、何らかの科学的仮想に基づいた小説を指す。しかし現代では、もう少し意味が広がっているようにも感じられる。現実とはちょっと違った世界や、不思議な出来事を描く作品は、「SF的」と紹介されることも多い。その辺りの感覚を、非常に上手く表現してくれたのは藤子・F・不二雄で、自らのSF短編の世界を、「少し不思議な物語(Sukoshi Fushigi)」と称した。かつては映画の影響などで、SFといえば宇宙を舞台にしたスペースオペラがイメージされることが多かったが、日常の隣にも別世界はひっそりと口を開けているし、規模の大小と作品の面白さは必ずしも直結しない。今回の特集「SFルネッサンス」は、「凄く不思議(Sugoku Fushigi)」な世界から、「少し不思議」な出来事まで、様々なSFの面白さをご紹介する。
   
 
未来からの声 
十三年先の世界から、おれにコンタクトする者がいるらしい
瀬名秀明 P8
 
浜辺で歌うスース 
小さな町を訪れた招かれざる客。忌わしい過去があるようで
初野晴 P32
 
蟻塚 
荒野に取り残された研究者が見つけた、奇妙な形の目印とは
岡崎二郎 P47
 
微睡む娘 
謎めく積荷に寄り添う青年。過去と決意が交錯するとき――
結城充考 P56
 
機巧のイヴ 
人そっくりのカラクリ人形を――青年藩士が求めたこととは
乾緑郎 P76
 
奈津美と重力波 
燃える恋と同時進行する異国の内戦。偶然? それとも……
梶尾真治 P98
第八回新潮エンターテインメント大賞決定発表
 
第八回新潮エンターテインメント大賞決定発表 
  P157
 
受賞作 
光本正記/白い夢(抄)
  P162
 
選評 
畠中 恵
  P158
受賞作家 特別読み切り
 第六回受賞者
カタログ 
片頭痛と妄想癖の48歳。俺が婚期を逃したのはどちらのせいか
神田茜 P172
 第七回受賞者
僕らは世界を終わらせることができるんだ 
目の前に立ったのは、昔の同級生。これは僥倖か、災厄か…
水沢秋生 P190
連載第二回
 
マテリアル・ライフ 
赤ちゃんポストに失踪した女が現れた。なぜ彼女がここに?
仙川環 P220
 
地震と独身 
シングルであるから、働いていた。皆の「日常」をつなぐため
酒井順子 P208
【連載エッセイ】
 
うた合わせ 
北村薫 P154
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 
佐藤優 P466
 
今日もいち日、ぶじ日記 
高山なおみ P264
 
いちまき ある家老の娘の物語 
中野翠 P364
 
ちょんまげ ザ・バトル 
ペリー荻野 P418
 
随想 春夏秋冬 
宮城谷昌光 P116
 
熱血ポンちゃんから騒ぎ 
山田詠美 P320
好評連載小説
 
月光の誘惑 
赤川次郎 P458
 
星夜航行 
飯嶋和一 P308
 
脊梁山脈 
最終回
乙川優三郎 P118
 
ヒトでなし 
京極夏彦 P398
 
海峡の絆 
熊谷達也 P294
 
宰領 隠蔽捜査5 
今野敏 P368
 
獅子の城塞 
佐々木譲 P276
 
底のないポケットⅤ 名前のない古道具屋の夜 
柴田よしき P340
 
神様が降りてくる 
白川道 P380
 
島津戦記 
新城カズマ P328
 
十津川警部  新宮に徐福伝説の謎を追う 
西村京太郎 P442
 
波止場にて 
野中柊 P234
 
風屋敷の告白 還暦探偵 
藤田宜永 P348
 
ドンナ ビアンカ 
誉田哲也 P424
 
続・寺内貫太郎一家 
原作向田邦子 
構成烏兎沼佳代 
P250
 
べんけい飛脚 
山本一力 P476
 
次号予告/編集後記 
  P486
ひとことコメント
コメント: