TOP

趣味は「読書」

小説新潮 3月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2012年 03月号 [雑誌]
発売日:2012-02-22
価格:¥ 1,000
amazonで詳細を見る
【特集】時代小説 春の陣 
 春や春、春爛漫の江戸の色
はなかつみ 慶次郎縁側日記 
江戸に舞い戻ってきた女は、恨みを晴らしに向かう。幼馴染みの夫婦の家へ
北原亞以子 P8
 春や春、春爛漫の江戸の色
社の森の殺人 お鳥見女房 
鬼子母神の森で女が殺された。手がかりのない中、二人目の犠牲者が……
諸田玲子 P22
 春や春、春爛漫の江戸の色
終に吹く風 
要を失って傾き始めたえびす屋。少年僧は消えた男の影を振り払えず
田牧大和 P42
 春や春、春爛漫の江戸の色
蒲生の桜 
盗賊の目には見覚えがあった。同郷の伊助でないことを願う新兵衛だが
藤原緋沙子 P68
 春や春、春爛漫の江戸の色
莫迦と鋏 
女にたかり生きてきた十三郎。でも凛に対してはちょっと勝手が違って……
矢野隆 P90
 春や春、春爛漫の江戸の色
春山入り 
俺は親友に刃を向けられるのか――逡巡する大輔の背を押したものとは
青山文平 P110
 春や春、春爛漫の江戸の色
「江戸時代の100均」三十八文店を営むお瑛は、ある日浪人の子を雇うが
梶よう子 P128
【好評読み切り連作】
 
檀家の女 
寺が多額の寄進を要求してきた。憤る檀家たち、まずは総代に会おうと
奥田英朗 P182
 
崎陽神龍石 空蝉風土記 最終話 
発掘された稀覯本。長崎には、天が授けた秘玉が存在したという
さだまさし P220
 
レイラの研究 
憧れの彼女の謎を追え! 探偵志望の少年が探り出した切ない事情とは
朱川湊人 P548
 
ひなこまち しゃばけ 
巷で話題をさらう美人番付の行方。けれどその裏で事件が起きて……
畠中恵 P276
連載エッセイ
 
源氏物語を知っていますか 
阿刀田高 P599
 
うた合わせ 
北村薫 P272
 
大人の恋力 
柴門ふみ P534
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 
佐藤優 P578
 
今日もいち日、ぶじ日記 
高山なおみ P442
 
地嶽八景亡者戯 
嶽本野ばら P372
 
熱血ポンちゃんから騒ぎ 
山田詠美 P322
新連載スタート
 
宰領 隠蔽捜査5 
本庁の伊丹から知らされた衆院議員の失踪。竜崎は密かに足取りを追うが
今野敏 P170
 
荒波を超えて日本を目指すポルトガル人フェルナン。鉄砲伝来の真相とは?
新城カズマ P150
 
歴史上の有名人を勝手にマッチングさせた独断バトル。勝者はどっちだ!
ペリー荻野 P164
連載第二回
 
獅子の城塞 
西南蛮への途上、マカオに上陸した次郎左。日の本からの急報が運命を変えて
佐々木譲 P196
 
脊梁山脈 
戦後すぐ、皆と等しく信幸も貧しかった。そこへ思いもよらぬ遺産が……
乙川優三郎 P240
連載ノンフィクション
 
赦しの鬼 団鬼六の生涯 
大崎善生 P468
好評連載小説
 
月光の誘惑 
赤川次郎 P568
 
赤猫異聞 
浅田次郎 P298
 
星夜航行 
飯嶋和一 P406
 
ほろびぬ姫 
井上荒野 P434
 
海峡の絆 
熊谷達也 P330
 
キアズマ 
近藤史恵 P454
 
貯められない小銭Ⅵ 名前のない古道具屋の夜 
柴田よしき P398
 
神様が降りてくる 
白川道 P540
 
サンカーラ――この世の断片をたぐり寄せて 
田口ランディ P382
 
春風伝──高杉晋作・萩花の詩── 
葉室麟 P504
 
Hidden times 
坂東眞砂子 P356
 
風屋敷の告白 還暦探偵 
藤田宜永 P342
 
魔術師の視線 
本多孝好 P308
 
沈黙の代償 
真山仁 P420
 
べんけい飛脚 
山本一力 P588
 
リカーシブル 
米澤穂信 P518
 
第四回 新潮文庫感動大賞受賞作発表 
選考委員:小川洋子
  P214
 第八回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項
  
  P271
 第二四回「日本ファンタジーノベル大賞」募集要項
  
  P275
 
次号予告/編集後記 
  P598
ひとことコメント
コメント: