TOP

趣味は「読書」

小説新潮 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2011年 12月号 [雑誌]
発売日:2011-11-22
価格:¥ 900
amazonで詳細を見る
特集:最後の恋
 
最後の恋 
どれが最後の恋だったのか、厳密に決められるとすれば、今際の際になってからだろう。そこから遡った直近の恋が、最後ということになる。けれども、人は現在進行形の恋を「これが最後」と思いがちだ。この先、どんな素晴らしい出会いが待っているかわからないのに。それは、そう自己暗示をかけているだけかもしれないし、背水の陣のような覚悟なのかもしれない。一方で、どんなに浮き名を流しても、過去のある一点を「最後の恋」と頑なに思い続けている人もあるし、現実の生活とは別に、特定の想いや思い出を拠り所としている人もある。では、あなたにとっての「最後の恋」は?
   
 
僕の舟 
五十年前の彼を探してほしい――。手がかりは闇夜の記憶だけ……
伊坂幸太郎 P8
 
エンドロールは最後まで 
この男となら……。三十八歳独身OL、恋の一発逆転はなるか?
荻原浩 P32
 
水曜日の南階段は 
大学への憧れと、高校最後の日々。俺は彼女の姿を探していた
朝井リョウ P54
 
3コデ5ドル 
島にやってくる日本人観光客の中でも、彼女は特別だったんだ
越谷オサム P82
 
桜に小禽 
今日、塔子と藤臣は部屋を出る。それぞれの新居を告げぬまま
橋本紡 P104
 
イルカの恋 
とりあえず働き始めたカフェで、その二人に出会ってしまった
石田衣良 P126
好評シリーズ読み切り
 
冬過ぎて 慶次郎縁側日記 
わたしを道具としか思っていない連れ合い。この手で殺したい、でも
北原亞以子 P488
 
鬼火、再び 
次々と神隠しにあう植木職人たち。謎の裏には、因縁のあの男が?
田牧大和 P260
連載エッセイ
 
源氏物語を知っていますか 
阿刀田高 P503
 
うた合わせ 
北村薫 P182
 
大人の恋力 
柴門ふみ P328
 
落日の帝国 プラハの憂鬱 
佐藤優 P478
 
地嶽八景亡者戯 
嶽本野ばら P280
 
熱血ポンちゃんから騒ぎ 
山田詠美 P438
連載ノンフィクション
 
赦しの鬼 団鬼六の生涯 
大崎善生 P412
 
僕たちのセオリー 実録・開成高校硬式野球部 
髙橋秀実 P460
新連載スタート
 
キアズマ 
怪我をさせてしまった相手は自転車部の部長。さてその代償は
近藤史恵 P186
 
サンカーラ――この世の断片をたぐり寄せて 
義母が倒れ、震災が起きた。私は現実のバランスを失った
田口ランディ P198
 
沈黙の代償 
子どもたちが高濃度の農薬を浴びた! 食の安全と豊かさとは?
真山仁 P212
 
リカーシブル 
新しい街は灰色に見えた。そしてハルカは弟のサトルが嫌いだ
米澤穂信 P140
連載第二回
 
風屋敷の告白 還暦探偵 
素人探偵事務所にとうとう最初の客が。張り切る二人だったが
藤田宜永 P238
特別対談
 
警察小説が生まれる時 
佐々木譲 
X今野敏 
P230
好評連載小説
 
月光の誘惑 
赤川次郎 P470
 
赤猫異聞 
浅田次郎 P348
 
星夜航行 
飯嶋和一 P400
 
ほろびぬ姫 
井上荒野 P252
 
冬芽の人 
大沢在昌 P392
 
海峡の絆 
熊谷達也 P290
 
貯められない小銭Ⅲ 名前のない古道具屋の夜 
柴田よしき P304
 
神様が降りてくる 
白川道 P430
 
サンライズ出雲殺人事件 
最終回
西村京太郎 P446
 
春風伝──高杉晋作・萩花の詩── 
葉室麟 P312
 
Hidden times 
坂東眞砂子 P376
 
魔術師の視線 
本多孝好 P334
 第八回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項
  
  P289
 
次号予告/編集後記 
  P502
ひとことコメント
コメント: