TOP

趣味は「読書」

小説新潮201002 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2010年 02月号 [雑誌]
発売日:2010-01-22
価格:¥ 860
amazonで詳細を見る
特集:時代小説人生行路
 蓬莱屋帳外控
旅は道連れ 
逆巻く濁流、村を裂く山津波。鶴岡からの帰路、宇三郎に縋る厄介な道連れが次々と。凄絶なサバイバル道中!
志水辰夫 P12
 新シリーズ開幕
江戸は浅草の田原町で、古着屋を営む喜十とその妻おそめ。ある晩遅く、持ち込まれた女物の黄八丈には、血の痕が・・・
宇江佐真理 P58
 
春いちばん お鳥見女房 
火事だ。また付け火か・・・。珠世は謎の娘を匿うことになるが
諸田玲子 P78
 
秋つばめ  坂物語 
坂の上に、夫の女が・・・失望と未練に揺れるお幸が選ぶのは
藤原緋沙子 P98
 
蛤鍋の客 
江戸有数の料理茶屋に奉公に来たはずが、連れ込み宿とは・・・
西條奈加 P124
読切連載スタート
 
ゆんでめて しゃばけ 
屏風のぞきが行方不明で、若だんなが一人で捜しに行ったってぇ !?
畠中恵 P150
『キケン』刊行記念
 
キケン 番外編 
【機研】の部室を賭けた決闘に、新入生の上野と大神が挑む !
有川浩 P330
 座談会
『キケン』創作現場から、お届けします 
有川浩 
X徒花スクモ 
X渡辺優史 
P324
 作品&キャラクター紹介
『キケン』とは・・・ 
  P329
待望の新連載開始
 
神様が降りてくる 
服役の過去は封印したはずだった。その娘が現れるまでは
白川道 P180
傑作読切
 
ベニスと手袋 
海外出張帰りに訪れたベニス。感傷旅行のはずだったのに…
阿刀田高 P250
 
智恵子抄  飲めば都 
男女の仲は分らない。自分の周囲ぐるりと見て、都さん飲む
北村薫 P260
 
これはストーキングなのか、私が監察官と知ってのことか?
乃南アサ P412
集中連載第二回
 
タワーリング 
我々はこのビルの全てを制御した――。犯人が出した要求は
福田和代 P274
 
ガラシャ 
戦国の世、女の運命は儚い。光秀の謀反で玉子も罪人の娘に
宮木あや子 P304
煩悩解剖対談
 
オトナのための脳科学 
脳は身体を騙し、身体が脳を導く。実例が明かす奇妙な関係
池谷裕二 
X中村うさぎ 
P364
特集:「慶次郎縁側日記」の世界
 「慶次郎縁側日記傑作選」刊行記念対談
好きな話を一つだけ選ぶとしたら――熱烈ファン二人の結論は
寺田農 
X北上次郎 
P204
 作品案内
今日から「慶次郎縁側日記」を読むために 
  P212
 スペシャル・インタビュー
脇役のひとり言 
ドラマの「慶次郎」を支えた名脇役が語る、役柄への熱い思い
石橋蓮司 
X奥田瑛二 
X遠藤憲一 
P214
 教養講座
慶次郎の歩いた江戸 
読めば慶次郎の暮す時代が見えてくる、ファン必携の手引き書
山本博文 P220
 一筆啓上
拝啓 気になるあなた様へ 
口では言えないことも筆を取れば…北原ワールドへ三通の手紙
畠中恵 
X米村圭伍 
X渡辺貞夫 
P226
 シリーズ最新作
松の内 慶次郎縁側日記 
八丁堀の正月は酒また酒。なのに慶次郎にはお役目が舞い込んで…
北原亞以子 P230
集中連載最終回
 
マドンナ・ヴェルデ 
海堂尊 P350
好評連載小説
 
子子家庭のサンタクロース  
後編
赤川次郎 P518
 
星夜航行 
飯嶋和一 P382
 
明日のマーチ 
石田衣良 P482
 
鏡連殺 
北森鴻 P498
 
灰色の虹 
貫井徳郎 P466
 
ソロモンの偽証 
宮部みゆき P446
連載エッセイ
 
文士の舌 
嵐山光三郎 P146
 
恋のタネ 
柴門ふみ P244
 
徒然草REMIX 
酒井順子 P174
 
落日の帝国 私のイギリス物語 
佐藤優 P508
 
ライ麦畑で熱血ポンちゃん 
山田詠美 P458
 
マスヒロのあくび指南 
山本益博 P272
 
盤上の人生 盤外の勝負 
河口俊彦 P494
 
第二十二回「日本ファンタジーノベル大賞」募集要項 
  P493
 
第六回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項 
  P381
 
川柳うきよ大学 
小沢昭一 P528
 
次号予告 
  P530
ひとことコメント
コメント: