TOP

趣味は「読書」

小説新潮200912月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2009年 12月号 [雑誌]
発売日:2009-11-21
価格:¥ 820
amazonで詳細を見る
 【特集:一騎当千 時代小説】蓬莱屋帳外控ふたたび!
放蕩息子の身代金三百両。武田の落人部落に、大店の名代で分け入った飛脚の鶴吉だったが。山路に川筋に展開する第二ステージ始動!
志水辰夫  
 【特集:一騎当千 時代小説】
生と死の波打ち際 銀座開化おもかげ草紙 
宗八郎、宿敵石谷蕃隆と運命の再会。人気シリーズ、堂々の最終話
松井今朝子  
 【特集:一騎当千 時代小説】
宿無駄目吉時雨傘 
暗い長屋で兄貴の帰りを待っていたのは、玉吉だけではなかった
犬飼六岐  
 【特集:一騎当千 時代小説】
結界 
新撰組は去り、江戸は東京に変わっても、京には忘れられない面影が
蜂谷涼  
 
横たわるもの(二)慶次郎縁側日記 
過去の遺恨か、別の理由か。おはん夫婦を脅やかす犯人の正体は
北原亞以子  
 【大河連載、大団円迫る】
鬼哭鬼九郎 
長きに亘る死闘の果て――愛染明王を総身に刻み、舫九郎は何処へ行く
高橋克彦  
 【傑作読切】NHKドラマ新春スタート!
リストラ請負人・真介が対するは、職人肌の自動車整備士。効率のみを追求する会社は、彼を切ってしまうのか
垣根涼介  
 【集中連載】
マドンナ・ヴェルデ 
娘の魔手から胎児を守るため、代理母みどりが下す決断とは
海堂尊  
 【連載第二回】
徒然草REMIX 
随筆の面白さは独断と偏見にあり。兼好の○と×を見てみれば
酒井順子  
 【百四の名店、ついに踏破!】
最終回 掉尾を飾るのは、横浜で老姉妹が営むのれんも看板もない店
太田和彦  
 【第二回さくらんぼ文学新人賞決定発表】
  
   
 【第二回さくらんぼ文学新人賞決定発表】
〈受賞作〉 
熊猫の囁き
邢彦(けいえん)  
 【第二回さくらんぼ文学新人賞決定発表】
〈選評〉 
唯川 恵/角田光代/小池昌代/北上次郎
   
 【松本清張 生誕百年】松本清張 最後の小説 一挙掲載三百枚
江戸綺談 甲州霊嶽党 
人気女形が身延山中に消えた。平賀源内はこの事件に甲州の金山が絡んでいると睨む……巨匠が最後まで執念を燃やした幻の時代小説、完全再録!
松本清張  
 【松本清張 生誕百年】
「私は書き続ける」最後の作品に込めた気魄と自負 
「私には時間がない」。そう言って鬼気迫る創作意欲を見せた先生は、病床からも私に指示を出した――担当編集者が間近に見た松本清張最後の日々
四方田隆  
 【好評連載小説】
星夜航行 
飯嶋和一  
 【好評連載小説】
明日のマーチ 
石田衣良  
 【好評連載小説】
鏡連殺 
北森鴻  
 【好評連載小説】
岐阜羽島駅25時 
最終回
西村京太郎  
 【好評連載小説】
虚空の冠 
楡周平  
 【好評連載小説】
灰色の虹 
貫井徳郎  
 【好評連載小説】
ソロモンの偽証 
宮部みゆき  
 【好評連載小説】
母と過ごす至福の日々 
櫻井よしこ  
 連載エッセイ
文士の舌 
嵐山光三郎  
 連載エッセイ
恋のタネ 
柴門ふみ  
 連載エッセイ
落日の帝国 私のイギリス物語 
佐藤優  
 連載エッセイ
ライ麦畑で熱血ポンちゃん 
山田詠美  
 連載エッセイ
マスヒロのあくび指南 
山本益博  
 連載エッセイ
盤上の人生 盤外の勝負 
河口俊彦  
 連載エッセイ
終電車ならとっくに行ってしまった 
最終回
フジモトマサル  
 第六回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項
  
   
 
川柳うきよ大学 
小沢昭一  
 次号予告
  
   
ひとことコメント
コメント: