TOP

趣味は「読書」

小説新潮200910 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2009年 10月号 [雑誌]
発売日:2009-09-19
価格:¥ 820
amazonで詳細を見る
 【特集:官能小説グラマラス】
かつて悦虐の限りを尽くされた温泉宿で、女将は昔の愛人を待つ。三十余年前、甘い緊縛に耽ったのもこの部屋だった
団鬼六  
 【特集:官能小説グラマラス】
エクスワイフ 
「亜里紗を今夜、買わせてくれないか」一週間前まで妻だった美しい女に、わたしは札束と罰を与えることにした
大石圭  
 【特集:官能小説グラマラス】
スライダーが投げられない 
ショートの緑山さん。あたしは今、あんたの旦那と二人きり
南綾子  
 【特集:官能小説グラマラス】
犬笛 
自殺した夫の、私は犬。電車の中、彼の遺品で行為に溺れる
唯野未歩子  
 【特集:官能小説グラマラス】
くさい。死にたい 
おじさんだけが、あたしをあの音とにおいから遠ざけてくれる
三日月拓  
 【特集:官能小説グラマラス】
私はゴムとセックスするのが好きなのだ。不感症ではない
蛭田亜紗子  
 【特別読物】
ぼくのローリング80's 落語的ジャズの日々 
山下洋輔がいてタモリがいて赤塚先生がいた。ひたすら飲み、ハナモゲラが誕生し、そしていつも、ジャズがそこにあった…。
高平哲郎  
 【二大新連載】
明日のマーチ 
僕たちは派遣だ。簡単に職はなくなった。とにかく東京に帰らなくちゃ。そしたら一人が言ったんだ、「歩いて帰る」って―
石田衣良  
 【二大新連載】
星夜航行 
逆臣の遺児ながら、男は稀有な才と品性で宿命を変えた。だが再び家康の配下に追われる身に。歴史小説の偉才、待望の初登場
飯嶋和一  
 【傑作読切】
軽井沢の夜に消えた 飲めば都 
あの老大家が久々に書く!? 都さんは急遽、夏の軽井沢へ
北村薫  
 【傑作読切】
彼岸の声 銀座開化おもかげ草紙 
西では戦の真っ只中。でもここ東京にも、消えそうな命が
松井今朝子  
 【傑作読切】
柿紅葉 慶次郎縁側日記 
嫁と折合わず独居中のお豊にもたらされた、悪い報せとは
北原亞以子  
 【集中連載】
マドンナ・ヴェルデ 
海堂尊  
 【集中連載】
豊国神宝 
第五話 忍びの情人
中路啓太  
 【特集:脳の秘密、身体の謎】
海馬研究に没頭する脳科学者と、女の欲望を体現し続ける作家が語る、性と脳、お金と脳、病と脳の不思議な関係
池谷裕二 
X中村うさぎ 
 
 【ガチンコ体験エッセイ】
辛酸なめ子のはり120本 
やっぱり痛い? 本当に効くの? 人生まで変えると評判の、カリスマ鍼灸師の秘技!
辛酸なめ子  
 【インタビュー】 私の健康法
不摂生、不健康な毎日をチェンジ! 水泳、ランニング、玄米菜食…五人の作家が実践したヘルシーライフの秘訣 
奥田英朗/篠田節子/西澤保彦/松井今朝子/山本一力
聞き手佐野郷子  
 【未知の境地へ】
瞑想というトレーニング 
静かに目を閉じ、感覚に集中する──日常から隔絶された体験の中で、気鋭の心理学者が行き着いた「悟りの境地」
山口真美  
 【好評連載小説】
子子家庭の身代金 
前編
赤川次郎  
 【好評連載小説】
鏡連殺 
北森鴻  
 【好評連載小説】
鬼哭鬼九郎 
高橋克彦  
 【好評連載小説】
岐阜羽島駅25時 
西村京太郎  
 【好評連載小説】
灰色の虹 
貫井徳郎  
 【好評連載小説】
ソロモンの偽証 
宮部みゆき  
 【連載第二回】
落日の帝国 私のイギリス物語 
佐藤優  
 連載エッセイ】
イソップを楽しむために 
最終回
阿刀田高  
 連載エッセイ】
文士の舌 
嵐山光三郎  
 連載エッセイ】
居酒屋百名山 
太田和彦  
 連載エッセイ】
恋のタネ 
柴門ふみ  
 連載エッセイ】
ライ麦畑で熱血ポンちゃん 
山田詠美  
 連載エッセイ】
マスヒロのあくび指南 
山本益博  
 連載エッセイ】
盤上の人生 盤外の勝負 
河口俊彦  
 連載エッセイ】
終電車ならとっくに行ってしまった 
フジモトマサル  
 第八回「小林秀雄賞・新潮ドキュメント賞」決定発表
  
   
 第六回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項
  
   
 
川柳うきよ大学 
小沢昭一  
 次号予告
  
   
ひとことコメント
コメント: