TOP

趣味は「読書」

小説新潮200906 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説新潮
小説新潮

毎月22日
(株)新潮社



amazonで購入

文学賞関連

  • 山本周五郎賞  受賞作発表・選評(7月号)
  • 新田次郎文学賞  受賞作発表(6月号)
  • 日本ファンタジーノベル大賞  受賞作発表・選評(9月号)
  • 女による女のためのR-18文学賞  受賞作発表・掲載(6月号)
小説新潮トップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説新潮 2009年 06月号 [雑誌]
発売日:2009-05-22
価格:¥ 820
amazonで詳細を見る
 特集:ビジネス小説最前線 【新連載】
虚空の冠 
ある新聞記者の数奇な運命が戦後史を変えた!世紀のピカレスク、堂々開幕
楡周平  
 特集:ビジネス小説最前線 「ハゲタカ」の著者が挑む、職業としての医師
医学界に君臨する親友から、突然もたらされた出世話の裏には
真山仁  
 特集:ビジネス小説最前線
派閥の谷間 
貸出金増強か、規律重視か。旧行閥の対立はバブルに燃えた
江上剛  
 特集:ビジネス小説最前線
プレイボール 
もっと高く、もっと遠くへ。懐しいあの玩具を僕らが作る理由
榊邦彦  
 特集:ビジネス小説最前線
春を奔る 
料理しか能がない見習い探偵佐藤生良。初事件の鍵は野菜!
里見蘭  
 特集:ビジネス小説最前線
その道の先 
マスクで顔を隠す塾講師は、商売繁盛の招き猫に何を願う
井口ひろみ  
 【新連載トラベルミステリー】
岐阜羽島駅25時 
高齢の資産家が服毒死。十津川は不老不死を謳う奇書を追う
西村京太郎  
 【集中連載】注目の気鋭、本誌初登場
太閤秀吉が遺した謎の宝を巡り、非情な戦が幕を開ける!
中路啓太  
 【傑作読切シリーズ】
こんな夜の問わず語りには、雨の匂いが連れてきた古いお話を
小池真理子  
 【傑作読切シリーズ】
シコタマ仮面とシタタカ姫 飲めば都 
先輩に誘われ飲みに行った都さん。これがケチのつき始め……
北村薫  
 【傑作読切シリーズ】
星くずドライブ 
紗絵はいつも僕のそばにいる。実は、もう死んでいるのだが
三浦しをん  
 【傑作読切シリーズ】
愛は苦手 
色恋をとうに諦めて針を動かす茂絵の前に、トンデモ客が現れた
山本幸久  
 【傑作読切シリーズ】
キケン 
ロボット相撲大会の決勝戦。【機研】の抱負はただひとつだ!
有川浩  
 【快調時代読切】
細小群竹 
無力な父。疲れた母。貧しい家族を背負った髪結いの女の気迫
乙川優三郎  
 【快調時代読切】
停車場の出陣 
西南戦争勃発。開化の世では、町人も戦に駆り出されるのか……
松井今朝子  
 【快調時代読切】
一人息子 慶次郎縁側日記 
父はきっと知っている。大店を飛び出した俺が豆腐屋で働くのを
北原亞以子  
 第二十八回「新田次郎文学賞」決定発表
  
   
 特集:女性作家 官能の系譜 【名編再録】
雨情 
怪しげな事業の金を拐帯した老人。出獄を迎えたのは、かつて一晩だけ愛した女だった
真杉静枝  
 特集:女性作家 官能の系譜 【名編再録】
色ざんげ 
「女将さんはほんとに可愛い人だねえ」60歳の元芸者を乙女にさせる、最後の恋
瀬戸内寂聴  
 特集:女性作家 官能の系譜 【名編再録】
人形の舟 
五人の男と女一人を乗せた筏。実験航海に出たわたしの役目は、男たちのダッチ・ワイフ
戸川昌子  
 特集:女性作家 官能の系譜 【名編再録】
【解説】 
性愛的サービス精神
南綾子  
 「女による女のためのR-18文学賞」決定発表 【大賞】
ミクマリ 
コスプレ好きの主婦と高校生の俺。これは尋常な性生活か?
窪美澄  
 【集中連載】
マドンナ・ヴェルデ 
海堂尊  
 【好評連載小説】
子子家庭の宅配便 
前編
赤川次郎  
 【好評連載小説】
鏡連殺 
北森鴻  
 【好評連載小説】
鬼哭鬼九郎 
高橋克彦  
 【好評連載小説】
灰色の虹 
貫井徳郎  
 【好評連載小説】
ソロモンの偽証 
宮部みゆき  
 連載エッセイ】
イソップを楽しむために 
阿刀田高  
 連載エッセイ】
文士の舌 
嵐山光三郎  
 連載エッセイ】
居酒屋百名山 
太田和彦  
 連載エッセイ】
恋のタネ 
柴門ふみ  
 連載エッセイ】
ライ麦畑で熱血ポンちゃん 
山田詠美  
 連載エッセイ】
マスヒロのあくび指南 
山本益博  
 連載エッセイ】
盤上の人生 盤外の勝負 
河口俊彦  
 連載エッセイ】
終電車ならとっくに行ってしまった 
フジモトマサル  
 第六回「新潮エンターテインメント大賞」募集要項
  
   
 
川柳うきよ大学 
小沢昭一  
 次号予告
  
   
ひとことコメント
コメント: