TOP

趣味は「読書」

小説すばる 6月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説すばる
小説すばる

毎月17日
(株)集英社



amazonで購入

文学賞関連

小説すばるトップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説すばる 2017年 06 月号 [雑誌]
発売日:2017-05-17
価格:
amazonで詳細を見る
小説すばる創刊30周年記念作品
 大河長編・新連載第 2回
チンギス紀 
北方謙三 P8
読切中短編
 
あなたは知らない 
島本理生 P312
 
ノアレーに揺られて 
古処誠二 P462
 
峡谷の一夜 
有吉玉青 P80
 
雲のあわい 
村木嵐 P112
 
鏡の向こう 
片島麦子 P440
第2回 渡辺淳一文学賞決定発表
 
平野啓一郎 マチネの終わりに 
受賞の言葉
  P365
 
選評 
浅田次郎 
X小池真理子 
X髙樹のぶ子 
X宮本輝 
P366
没後3年、今だから語れる渡辺淳一
 【評論エッセイ】
「老齢を煩悩、邪念、エロスで作品化した渡辺淳一」 
水口義朗 P370
 【インタビュー】
女優・黒木 瞳 
「渡辺淳一という小説家に出会えたことが、私にとっての幸運でした」
  P378
『社長室の冬』ドラマ化記念
 
対談 三上博史×堂場瞬一 
「冬」の時代の正義
三上博史 
X堂場瞬一 
P135
新刊インタビュー
 
加藤実秋 『学園王国(スクールキングダム)』 
加藤実秋 P403
特集 宇宙と星空と小説と
 
宇宙と星空と小説と 
  P142
 
宇宙飛行士 インタビュー 
「宇宙でぷかぷか、大好きな本を」
金井宣茂 P144
 ★小説
南の十字に会いに行く 
加納朋子 P188
 ★小説
君に触れなば夜の旅 
雪舟えま P206
 ★小説
惑星Xの憂鬱 
松崎有理 P224
 ★小説
キリング・ベクトル 
宮澤伊織 P242
 ★小説
彗星狩り 
酉島伝法 P268
 ★ルポ
2030年宇宙の旅 ―地球外生命を求めて― 
伊与原新 P152
 ★エッセイ
曇り空の流星観測会 
川内有緒 P170
 ★ガイド
夏の星空散歩 
牛山俊男 P162
 ★ブックガイド
文学編 
「宇宙をめぐる物語」
  P176
 ★ブックガイド
ノンフィクション編 
「小説好きのための宇宙入門」
  P182
連載+シリーズ
 
怪しくて妖しくて~十二人の私の物語~ 
第 8回
阿刀田高 P426
 
花折 
第 2回
花村萬月 P298
 
鏡の背面 
第13回
篠田節子 P410
 
アゲイン 
第33回
重松清 P350
 
漂砂の塔 
第16回
大沢在昌 P40
 
明治大帝の密使 
第81回
夢枕獏 P386
 
彼女たちの場合は 
第28回
江國香織 P126
 
蝶のゆくへ 
第11回
葉室麟 P100
 
ゆいまーる 
第 7回
黒川博行 P288
 
雨降る森の犬 
第 4回
馳星周 P332
 
隣の芝生 
アレルヤをもう一度
桜井鈴茂 P490
 
不運(バッドラック) 掃除屋 
黒木あるじ P58
 
人間界の諸相 
第 8回
木下古栗 P504
連載漫画
 
真ッ赤な東京 
常盤雅幸 P522
 ギリシャ神話劇場
神々と人々の日々 
増田こうすけ P279
連載読み物
 
いやよいやよも旅のうち 
北大路公子 P284
 
NY晩酌日記 
野中ともそ P56
 
たぬきが見ていた 
大貫亜美 P510
 
ハウリングの音が聴こえる 
松村雄策 P392
 
泣けるケーキ 
高山真 P514
 
異次元の視点 
橋本幸士 P408
 
小さな本屋の本棚から 
宇田智子 P460
 
世界奇天烈ニュース 
霞流一 P520
 
池上冬樹の「この文庫解説がすごい」  
池上冬樹 P509
 
荻原魚雷の古書古書話 
荻原魚雷 P516
 
マドノコバコ 
最終回
内田かずひろ P297
新刊レビュー
 
新刊レビュー 
青木千恵 P134
 
新刊レビュー 
藤田香織 P521
 
新刊レビュー 
縄田一男 P513
 
新刊レビュー 
吉野仁 P523
 
新刊レビュー 
大森望 P385
 
新刊レビュー 
東えりか P519
 
今野敏『アンカー』 
三橋曉 P39
コラム
 
a day in my life 
三好昌子 P223
 
特別料理 
戸南浩平 P349
 
思い出ステーション 
山本幸久 P296
 
Oh! マイアイドル 
筒城灯士郎 P267
 
わたしの逃避術 
一原みう P79
 
カーテンコール 
黒木あるじ P530
 
表紙の小さな物語 
杉田比呂美 P524
 
目次月記 
大森克己 P524
 
筆者紹介 
  P527
 
次号予告 
  P526

ひとことコメント

コメント: