TOP

趣味は「読書」

小説すばる 7月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説すばる
小説すばる

毎月17日
(株)集英社



amazonで購入

文学賞関連

小説すばるトップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説すばる 2014年 07月号 [雑誌]
発売日:2014-06-17
価格:¥ 920
amazonで詳細を見る
巻頭!新作短編
 
神馬に乗る女 
俺の母親はうつくしい。いつまでも汚れない純粋さがある。だからきっと、それだけのことだ。
三浦しをん P12
 
ポンポコ玉 
『八月の青い蝶』で鮮烈デビュー。小説すばる新人賞受賞後、第一作!
周防柳 P84
ニューカマー2014 今期待される作家たち
 
しっぽの行方 
中澤日菜子 P142
 
シトラスの森 
尾崎英子 P124
 
幸せのマリアンナ 
秋吉理香子 P104
注目のシリーズ読切!
 
佐久夜の初泳ぎ 
畑中恵 P186
 
浮雲心霊奇譚 
第二話 恋慕の理
神永学 P46
渡辺淳一さんを悼む
 
渡辺淳一さんを悼む 
林真理子 
X村山由佳 
X阿刀田高 
P300
 
評伝「男と女と小説」 
川西政明 P300
特集 僕たちは、野球が大好きだ。
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
スペシャル・メッセージ 
松井秀喜 P212
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
ロングインタビュー 
江夏豊
インタビュアー重松清 P214
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
エッセイ 
プロ野球 私の忘れられない、名選手、名場面
北村薫 
X東川篤哉 
X中村文則 
X山本幸久 
X宮下奈都 
万城目学 
P225
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
野球と読書インタビュー 
北海道日本ハムファイターズ
吉川光夫投手 P232
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
ノンフィクション 
君は、近藤唯之を知っているか
村瀬秀信 P234
 世の中がサッカーで盛り上がっている今だからこそ!
ブックガイド 
野球本のススメ
荻原魚雷 P247
連載+シリーズ
 
岳飛伝 
第32回
北方謙三 P437
 
黒い犬 
第 6回
伊集院静 P502
 
墓標なき街 
第 3回
逢坂剛 P28
 
陸王   
第13回
池井戸潤 P166
 
バラカ 
第35回
桐野夏生 P382
 
アゲイン 
第 9回
重松清 P254
 
ここはボツコニアン 
第48回
宮部みゆき P336
 
明治大帝の密使 
第47回 
夢枕獏 P422
 
綴られる愛人 
第 4回
井上荒野 P288
 
義貞の旗 
第 7回
安部龍太郎 P484
 
みかづき 
第 3回
森絵都 P366
 
砂の王宮 
第 7回
楡周平 P318
 
オネスティ 
最終回
石田衣良 P540
 
ダブル・フォールト 
第 9回
真保裕一 P266
 
地の果てに行く 
前編
赤川次郎 P392
 
九十九藤    
第13回
西條奈加 P350
 
恋するソマリア 
第 2回
高野秀行 P508
ノンフィクション連載
 
1974年のサマークリスマス 
林美雄とパックインミュージックの時代 第12回
柳澤健 P410
連載エッセイ
 
たぬきが見ていた 
大貫亜美 P286
 
マナーのマナー 
髙橋秀実 P402
 
ハウリングの音が聴こえる 
松村雄策 P536
 
日記を書くためだけに生まれてきた 
北大路公子 P162
 
まんしゅう家の憂鬱 
まんしゅうきつこ P346
 
読書は格闘技 
瀧本哲史 P552
 
世界奇天烈ニュース 
霞流一 P210
 
池上冬樹の「この文庫解説がすごい!」  
池上冬樹 P317
 
マドノコバコ 
内田かずひろ P299
連載マンガ
 
真ッ赤な東京 
常盤雅幸 P421
 
真ッ赤な東京 
常盤雅幸 P483
新刊レビュー
 
新刊レビュー 
青木千恵 P285
 
新刊レビュー 
藤田香織 P391
 
新刊レビュー 
縄田一男 P345
 
新刊レビュー 
吉野仁 P335
 
新刊レビュー 
大森望 P401
 
新刊レビュー 
東えりか P381
 
山本一力『戌亥の追風』 
細谷正充 P83
コラム
 
a day in my life 
坂本葵 P253
 
特別料理 
麻耶雄嵩 P45
 
思い出ステーション 
田中兆子 P141
 
Oh! マイアイドル 
片瀬チヲル P103
 
わたしの逃避術 
瀬那和章 P123
 
カーテンコール 
周防柳 P564
 
表紙の小さな物語 
杉田比呂美 P556
 
目次月記 
大森克己 P556
 
小説すばる新人賞のおしらせ 
  P557
 
筆者紹介 
  P561
 
バックナンバーのご案内 
  P558
 
年間定期購読のご案内 
  P559
 
次号予告 
  P560
ひとことコメント
コメント: