TOP

趣味は「読書」

小説すばる 4月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

小説すばる
小説すばる

毎月17日
(株)集英社



amazonで購入

文学賞関連

小説すばるトップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:小説すばる 2010年 04月号 [雑誌]
発売日:2010-03-17
価格:¥ 880
amazonで詳細を見る
話題の新人 受賞第1作!
 
エンドロールが始まる 
私は明日さよならをしなくちゃいけない。高校に、制服に、そして先生に――。
朝井リョウ P12
早くも話題集中! 連載&シリーズ
 
夜果つるところ 
【第二話】 私には三人の「母」がいた。だけど、彼女たちは私が目の前で引き裂かれても平然としているだろう。
恩田陸 P112
 
SING OUT LOUD! 
【第2回】 目を覚ました時、僕は知らない部屋で布団を被っていた。昨晩の新歓コンパで酔いつぶれてしまったのだ。
中村航 P40
 
六月の輝き 
【第二回】 娘・美那がつかの間発揮した、傷や病気を治す奇妙な能力。力が消えた後も、娘を忌まわしく思う気持ちはぬぐえない。
乾ルカ P52
「小説すばる新人賞」出身作家、活躍中!
 
鵺の森 
毛色の違うカラスは苛め殺される。人間も一緒だよ。「みにくいアヒルの子」をモチーフにした心ざわめかせる短編。
千早茜 P26
 
人間の終わり 
【第四話】 無抵抗の中国人を殺せなかった徳次に対し、上官はさらに醜悪な命令を下す――。
池永陽 P402
 
信長 
【凡愚の旗・第三話】 龍興が治める美濃の地に、信長が兵を向けてきた。叔父と甥でもある二人は、ついに決戦の時を迎える。
天野純希 P244
 
月が見ていた 
【最終回】 互いに求め合える猫に出会い、みかづきの心は揺れる。長い旅の終着点は何処にあるのか――。
水森サトリ P458
人生の哀歓を描く、短編競作!
 
イヨーッ! 
蛍子は夫と一緒に「蛍能」を観にきていた。前の席に座ったのは、そこにいるはずのない人物だった。
川上健一 P128
 
会長様は敵である 
【七人の敵がいる 最終回】 母親たちの、本当の敵はどこにいるのか――。陽子とPTA会長の熱いバトルが繰り広げられる!
加納朋子 P196
 
ホテルローヤル 
ヌードを撮らせてほしい―男が女のために用意した撮影場所は、廃墟だった。
桜木紫乃 P374
 
心中嫌い 
(後編) ルミ子が父と抱き合い、ビルから飛び降りようとしていた。バスガイドの藍は現場に駆けつけるが……。
赤川次郎 P474
『小すば』は、読み物も充実!
 特別寄稿
『ももこのまんねん日記』発刊記念! 
『民芸 平田』は、なぜ私をこれほどまで夢中にさせるのか?
さくらももこ P220
「光媒の花」刊行記念! 総力特集
 
道尾秀介の光と影 
  P140
 創作の動機にも迫る、真剣対談!
道尾秀介×面影ラッキーホール(バンド) 
「小説に、歌詞に、そして俺たちに救いは必要か?」
  P142
 ミステリ以外の魅力にも迫る、作品ガイド
「6つのキーワードから読み解く、道尾作品」 
瀧井朝世 P156
 幻の処女作品を完全収録!
絵本「緑色のうさぎの話」 
  P164
 
.最新刊『光媒の花』書評 
三橋曉 P190
ノンフィクション集中連載
 
電子書籍キンドルは 何を壊し、何を創るのか 
【第2回】崩れゆく書籍流通
佐々木俊尚 P224
超充実! 連載&シリーズ陣
 
戸籍係の女 
【第4回】
垣根涼介 P68
 
楊令伝 
【第42回】
北方謙三 P311
 
マスカレード・ホテル 
【第17回】
東野圭吾 P86
 
STRAYER'S CHRONICLE  
【第4回】
本多孝好 P98
 
ヘッドライン 
【第4回】
今野敏 P272
 
いねむり先生 
【第9回】
伊集院静 P390
 
北斗 ある殺人者の回心 
【第12回】
石田衣良 P416
 
ジロンド派の興亡 
【第4回】
佐藤賢一 P428
 
オーダーメイド殺人クラブ 
【第6回】
辻村深月 P288
 
戌亥の追風 
【第19回】
山本一力 P484
好評連載エッセイ
 
かっぺ道  
最終回
梅佳代 P139
 
マドノコバコ 
内田かずひろ P237
 
春日武彦の人生相談  
調子悪くてあたりまえ 最終回
春日武彦 P268
 
野武士、西へ  
久住昌之 P385
 
フーテンのマハ  
原田マハ P264
 
冲方 丁のもらい泣き 
冲方丁 P286
 
池上冬樹の「この文庫解説がすごい!」  
池上冬樹 P127
 
来年の今頃は 
せきしろ P191
 
山田マチの飼育手帖 
山田マチ P111
 
トラウマ映画館  
町山智浩 P239
 
僕が次に訳したい本 
金原瑞人 P234
 
荻原魚雷の古書古書話 
荻原魚雷 P372
コラム・バラエティ
 
思い出ステーション 
木地雅映子 P51
 
Oh! マイアイドル 
小前亮 P263
 
特別料理 
田辺青蛙 P219
 
ウッカリショッピング 
東直子 P67
連載マンガ
 
シロというと皆笑う 
いくえみ綾 P192
 
真ッ赤な東京 
常盤雅幸 P401
 
真ッ赤な東京 
常盤雅幸 P415
巻末エッセイ
 
カーテンコール 
朝井リュウ P502
 
表紙の犬たち 
松尾たいこ P496
 小説すばる新人賞のお知らせ
  
  P497
 筆者紹介
  
  P499
 バックナンバーのご案内
  
  P495
 年間定期購読のご案内
  
  P494
 次号予告
  
  P498
 
新刊レビュー 
青木千恵 P427
 
新刊レビュー 
藤田香織 P457
 
新刊レビュー 
縄田一男 P473
 
新刊レビュー 
吉野仁 P483
 
新刊レビュー 
大森望 P490
 
新刊レビュー 
東えりか P491
ひとことコメント
コメント: