TOP

趣味は「読書」

ミステリマガジン 9月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

ミステリマガジン
ミステリマガジン

毎月25日
(株)早川書房



amazonで購入
ミステリマガジントップページ
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:ミステリマガジン 2010年 09月号 [雑誌]
発売日:2010-07-24
価格:¥ 840
amazonで詳細を見る
特集
 
コスチューム小説道 
   
特集 コスチューム小説道
 特集記念長篇新連載
DILATED TO MEET YOU -開かせていただき光栄ですー 
18世紀の英国、謎めいたダニエル・バートンの(解剖教室)開講!
皆川博子 P72
 短篇競作
罪、犯せし者たち 
修道女フィデルマが解き明かす、小さな教会で起きた事件の真実とは
ピーター・トレメイン 
吉嶺英美 
P20
 短篇競作
マスケット弾 
誰からも恐れられる治安判事が、額の中央を撃ち抜かれて殺された。
ポール・D・ドハティ 
小田川佳子 
P38
 エッセイ
尊厳と萌え 
須賀しのぶ P18
 資料と研究
年表で紹介するコスチューム小説 
  P14
 資料と研究
すべての歴史ミステリは映像的である 
小山正 P61
 資料と研究
歴史ミステリガイド 海外篇 
千街晶之 P64
 資料と研究
歴史ミステリガイド 国内篇 
末國善己 P68
ミステリの話題
 
2010年エドガー賞フォト・ギャラリー 
  P10
 
近未来サスペンス大作『LIMIT』刊行 
  P12
 
2010年エドガー賞晩餐会リポート 
早川浩 P92
 
サイモン・ルイス・インタヴュー 
日本の読者にも知ってほしい。ノワール作家はみんなナイスガイなんですよ
インタヴュアー杉江松恋 P94
 
オクラホマシティの13人 Thirteen at Oklahoma City 
国際推理作家会議(AIEP)レポート2010
松坂健 P110
傑作ミステリ
 
7C 
ぼくの顔に出来た半円の傷は、怖ろしい可能性を示していた
ジェイソン・ロバーツ 
府川由美恵 
P98
長篇連載/第3回
 
あとは沈黙の犬 
義兄のあとを襲い組長となった父親を殺すことにした鉄平の真実とは?
矢作俊彦 P118
長篇連載/第4回
 
七人の探偵のための事件 
名鳴町で起きた奇妙な事件の数々を名探偵一行が推理するが・・・。
芦辺拓 P144
漫画連載
 「顔のない女」/第9話
モンスター・メイカー 
最高傑作の怪物の登場に、絶体絶命のピンチ!?
高橋葉介 P169
長篇連載/第8回
 
青光の街(ブルーライト・タウン) 
友人の失踪事件を調べ始めた探偵社所長ユナは意外な別の事件との繋がりを知る。
柴田よしき P236
連載
 日本人作家インタヴュー
迷宮解体新書 第33回 
藤崎慎吾
インタヴュー&文村上貴史 P4
新連載/第一回
 
幻談の骨法 
小説とは、道に沿って持ち歩く鏡である
千野帽子 P114
ブックレビュー新連載
 
『クオータリー・ベスト』 
関口苑生、川出正樹、三橋曉、杉江松恋、古山裕樹、酒井貞道、池上冬樹、西上心太、福井健太、小池啓介、石井千湖、円堂都司昭
  P214
連載
 
私のアメリカ雑記帖 
第4回 死出の旅あるいは、逃走カップル映画鑑賞(その二)
小鷹信光 P162
 
Dr.向井のアメリカ解剖室 
第21回 私の敬愛するジャーナリスト
向井万起男 P218
 
独楽日記  
第33回 西部劇って、何?
佐藤亜紀 P220
 
トーキョー・ミステリ・スクール 
第9回 英国ハマー・プロ(東和)と『吸血鬼ドラキュラ』
石上三登志 P222
 
建築視線 
第3回  俯瞰の補完
安井俊夫 P246
 
ミステリ・ヴォイスUK 
第33回  ディーヴァーの007
松下祥子 P248
 
幻島はるかなり〈翻訳ミステリ回顧録〉 
第9回 ”ストロング・ポイズン”と”黒眼鏡の男”
紀田順一郎 P250
クライム・ファイル
 〈海外ミステリ情報〉
クライム・コラム、洋書案内(英語篇)(世界篇)、DVD情報、フィルムレビュー、ムービーウォッチ、アニメ・レビュー、インフォメーション 
O・ペンズラー、門倉洸太郎、,井上知,小山正,河原畑寧,日下三蔵、竜弓人
  P226
HMMブック・レビュー
 
新刊評『機械探偵クリク・ロボット』他 
三橋曉、杉江松恋、古山裕樹、酒井貞道、福井健太、小池啓介、風間賢二、大森望、東えりか、タニグチリウイチ、廣澤吉泰、松坂健
  P193
 ミステリ洋書通販
  
  P27
 今月のポケミス・ガイド
  
  P31
 ミステリ漫画
  
梅田英俊 P55
 NV文庫ニュース
  
  P87
 今月の重版情報
  
  P89
 ミステリ文庫通信
  
  P93
 響きと怒り
  
  P254
ひとことコメント
コメント: