TOP

趣味は「読書」

昴  2017年 12月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

すばる
すばる

毎月6日
(株)集英社

すばる文学カフェ

amazonで購入

文学賞関連

すばるトップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:すばる2017年12月号
発売日:2017-11-06
価格:
amazonで詳細を見る
小説
 
読書実録(スラム篇) 
保坂和志 P10
 
怒りの漂白剤 
綿矢りさ P38
 
ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら 
ふくだももこ P48
 
日の出 ④ 
最終回
佐川光晴 P98
対談
 
加藤典洋+マイケル・エメリック 
“敗者の想像力”が未来を拓く
加藤典洋 
Xマイケル・エメリック 
P178
シンポジウム
 
エヴゲニー・ヴォドラスキン+亀山郁夫+島田雅彦+沼野允義 
中世化する現代
  P206
 
ヴェラへの手紙 
ウラジーミル・ナボコフ 
訳・解説秋草俊一郎 
P224
 文芸漫談シーズン4-- 22
野坂昭如『エロ事師たち』を読む 
奥泉光 
Xいとうせいこう 
P246
小島信夫の文学
 講演
西瓜を抱えて歩いた人、あるいは「小島信夫の文学について」 
堀江敏幸 P142
 評論
小島信夫-テクスト論による評伝の試み 
高澤秀次 P153
すばるeye
 
トランプ時代のアメリカの文芸 
第1回
新元良一 P190
シリーズ
 
見えざる日本の難民 
第4回
木村元彦 P264
ひと
 
ヤン・ジョンウン 
聞き手・構成すんみ P202
エッセイ
 
カズオ・イシグロと文学の使命 
若松英輔 P138
 
舞台『わたしを離さないで』 
倉持裕 P140
 
開かない扉/閉じない扉 
加藤秀行 P198
 
韓国小劇場から見る文在寅政権の寛容さ 
大吉紗央里 P200
最終回
 
食卓でエクリール 
第18回
西山敦子 P37
連載
 
三島由紀夫論 
第 9回
大澤真幸 P276
 
霧の彼方ーー須賀敦子 
第13回
若松英輔 P306
 
詩の約束 
第15回
四方田犬彦 P292
 
列島祝祭論 
第17回
安藤礼二 P318
 
グラサン便り 
前野健太 P305
 
こんな大人になりました 
長島有里枝 P97
 
パレスチナの朝 
マリアム・タマリ P245
 
ひとすくいの時間  
小澤征良 P356
カラーグラビア
 
こんなことしてていいのか日記 
温又柔編 ③
  P3
プレイヤード
 演劇
『すべての四月のために』 
沢美也子 P334
 美術
抽象画の展示会、ふたつ 
「アラン・ビルテレースト」と「韓国の抽象」
保坂健二朗 P336
 映画
『ノクターナル・アニマルズ』 
立田敦子 P338
 
読書日録  
鈴木るみこ P340
 
川上弘美『森へ行きましょう』 
三浦天紗子 P342
 
柴崎友香『千の扉』 
瀧井朝世 P344
 
滝口悠生『高架線』 
ミヤギフトシ P346
 
山下澄人『ほしのこ』 
岡英里奈 P348
 
第42回すばる文学賞募集要項 
  P352
 
作者紹介 
  P350
 
定期購読・バックナンバーのご案内 
  P354

ひとことコメント

コメント: