TOP

趣味は「読書」

昴  2015年 10月号 [ 文芸雑誌目次DB ]

すばる
すばる

毎月6日
(株)集英社

すばる文学カフェ

amazonで購入

文学賞関連

すばるトップページ
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
タイトル:すばる 2015年10月号
発売日:2015-09-05
価格:¥ 950
amazonで詳細を見る
小説
 
小学生もつらいよ 
椎名誠 P14
 
雨 
中島たい子 P24
 
舌禍 読書感想文にかえて 
佐藤友哉 P82
 
死ぬほど未満の17歳 
最果タヒ P116
緊急特集 国民のための新しい道徳教科書
 
むかしの道徳、いまの道徳 
瀬戸内寂聴 P170
 対談
友とは何かーーもう少し話をしよう、ふたたび 
中島京子 
X姜英淑 
P173
 講演
読む・書く・学ぶ 
小野正嗣 P184
 インタビュー
セクシュアリティの自己実現のために 
松浦理英子 P193
 
人は火山礫とともに生きてきた 
今福龍太 P200
 
「本当の強さってなんだろう?」 
髙田延彦 P211
 
「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ!」から「言うこと聞かせる番だ俺たちが!」へ 
雨宮処凜 P217
 
小説 M氏のこと 
高橋源一郎 P223
繋がる言葉
 第三回東アジア文学フォーラム
文学と家庭、社会 
江國香織 P232
 第三回東アジア文学フォーラム
着想の妙ーー霊感を求めて 
莫言 
立松昇一 
P236
 第三回東アジア文学フォーラム
にわかチャイナ・ウォッチャーの感慨 
島田雅彦 P240
 第三回東アジア文学フォーラム
輪をえがく 
谷崎由依 P244
鼎談
 
倉橋由美子の褪せない魅力 
古屋美登里 
X豊﨑由美 
X栗原裕一郎 
P280
 
鶴見俊輔 追悼インタビュー 見田宗介 
ラディカルであるということは素朴であるということだ
聞き手・構成増子信一 P248
掌編
 
浮舟 
瀬戸内寂聴 P10
 文芸漫談シーズン4-15
武者小路実篤『真理先生』を読む 
奥泉光 
Xいとうせいこう 
P264
ひと
 
岩城けい 
聞き手・構成編集部 P228
エッセイ
 
奇妙な街に生まれて 
中森明夫 P258
 
私達の体は食べたものでできています、そして心も。 
たなかれいこ P260
 
不愉快な輝き 
乗代雄介 P262
最終回
 
光のない海 
第15回
白石一文 P310
 
よはひ 
第27回
いしいしんじ P296
連載
 
未老人ノート 
第 4回
青野聰 P368
 
あるいは修羅の十億年 
第 9回
古川日出男 P346
 
蠕動で渉れ、汚泥の川を 
第11回
西村賢太 P328
 
ハーフ・ブリード 混合体の群島 
第 6回
今福龍太 P382
 
緋の舟ー往復書簡 
第10回
志村ふくみ 
X若松英輔 
P338
 
ことの葉つづり 
大久保有加 P227
 
グラサン便り 
前野健太 P81
 
こんな大人になりました 
長島有里枝 P257
 
パレスチナの朝 
マリアム・タマリ P168
 
ひとすくいの時間  
小澤征良 P424
 
第39回すばる文学賞二次予選通過作発表 
  P295
カラーグラビア
 
こんなことしてていいのか日記 
青山七恵 P3
プレイヤード
 演劇
『パッション』 
沢美也子 P404
 美術
会田家による檄文と「代表者」について 
保坂健二朗 P402
 映画
『真珠のボタン』 
越川芳明 P400
 
読書日録  
福永信 P406
 
青来有一『悲しみと無のあいだ』 
成田龍一 P408
 
西村賢太『痴者の食卓』 
神田法子 P409
 
山崎ナオコーラ『反人生』 
倉本さおり P410
 
島本理生『夏の裁断』 
青木千恵 P411
 
山下澄人『鳥の会議』 
清水良典 P412
 
岩城けい『Masato』 
都甲幸治 P413
 
高橋弘希『朝顔の日』 
杉田俊介 P414
 
ジェイ・ルービン『日々の光』 
前田一平 P415
 
第40回すばる文学賞募集要項 
  P345
 
作者紹介 
  P416
 
定期購読・バックナンバーのご案内 
  P422

ひとことコメント

コメント: