TOP

趣味は「読書」

こころ Vol.3 2011年  [ 文芸雑誌目次DB ]

こころ
こころ
20110618
隔月
平凡社



amazonで購入
タイトル:こころ Vol.3
発売日:2011-10-13
価格:¥ 840
amazonで詳細を見る
エッセイ
 
アルカイックなきもの 
志村ふくみ P4
 
記憶の家出 
赤瀬川原平 P6
 
榎本武揚のブリヤート 
田中克彦 P8
特別寄稿
 
柳田国男の恋をめぐって  
中川恭次郎という存在
岡谷公二 P13
特集 生誕一三〇年 魯迅をよみなおす
 
生誕一三〇年 魯迅をよみなおす  
  P87
 魯迅と日本と
魯迅とこれからの日本文学 
辻井喬 P88
 魯迅と日本と
太宰と魯迅と『惜別』 
平田俊子 P94
 魯迅と日本と
魯迅の暗さ ── 武田泰淳と魯迅 
山城むつみ P99
 魯迅と日本と
医学生・魯迅 ── 授業ノートにみる「挫折」と「転向」 
坂井建雄 P104
 魯迅をうけつぐ
子どもの領分 ── 魯迅と白話 
齋藤希史 P108
 魯迅をうけつぐ
『両地書』 ── 稀有でドラマティックな“恋文集” 
井波律子 P114
 読書案内
魯迅をよむ  
  P119
連載
 
日露戦争史 
第3回
半藤一利 P38
 
カヴァフィス全詩 ── 訳と注釈の試み 
第2回
池澤夏樹 P64
 
『青鞜』の冒険 
第3回  広告から見えてくる地域性
森まゆみ P68
 
言葉が立ち上がる時 
第3回  被災者という異邦人
柳田邦男 P137
 
回想 わが昭和史 
第3回  社会生活のスタート
保阪正康 P148
 
歴史屋のたわごと  
現在・過去・未来 第3回 海の国の記憶:五島列島(上)
杉山正明 P166
連載小説
 
ともえ 
第3回
諸田玲子 P120
コラム
 
幸せになれないワケ  
第3回  裏は表を裏切る
きたやまおさむ P63
 
本のいろあい  
第3回  フランツ・シェッツィングに夢中 ──  『深海のYrr(イール)』など
萩尾望都 P146
 
記憶のなかの人 
第3回  モンパルナッスの日々 ── 岡本太郎
野見山暁治 P164
リレーエッセイ
 
こころに残る言葉 
山本理顕 P188
 
グールド神話はどのように解体されるか 
小沼純一 P184
 執筆者紹介
  
  P190
 次号予告
  
  P192
ひとことコメント
コメント: